18日土曜日は午後から京都へ。
遅い昼飯を新京極六角にある鰻屋さん「京極かねよ」にて。
京極かねよ@京都・新京極六角-1京極かねよ@京都・新京極六角-2
ここの売りは丼に大きな出汁巻き卵が乗った「きんし丼」(並2100円)。
【鰻】きんし丼@京極かねよ-1


「きんし丼」の分厚い出汁巻き卵を捲ると。
【鰻】きんし丼@京極かねよ-2


鰻が登場(笑)

味は出汁巻き卵の味は薄め、物足りなければ、卓上の醤油を。
鰻は関西風? かりかりに焼いてある蒲焼きが2切れ。

この「きんし丼」または「うなぎ丼」に生の落語3席がついて、値段変わらず2100円の「かねよ寄席」という落語会が月一で開かれています。
毎月最終月曜日の夜。鰻屋さんにとっては閑散期なんでしょうね。

ただ鰻と落語両方愉しめて、料金は鰻代だけなら、人気当然出るので。
毎回50席は満席状態に。なっかなか空席のタイミングがなくて。

一遍、同じ値段で両方愉しみたいです。

京極かねよ
京都市中京区六角通新京極東入ル松ケ枝町456
075-221-0669
11:30〜20:30
クレジットカード利用可
地図


リンク:
京極かねよ