京都は三条高倉「京都文化博物館」で開催中の「大関ヶ原展」へ。
京都文化博物館大関ヶ原展@京都文化博物館
徳川家康没後400年記念の展覧会。

1600年「関ヶ原の戦い」至るまでの動きが、時系列で展示されていました。

参加した武将の甲冑や名刀でなく、情報戦をうかがわせる書状、手紙の数々。

戦争は戦闘に至るまでの情報戦が大きいのがよくわかる。


展示会途中の休憩所には甲冑体験コーナーが設置。
子連れのお子さんがかつての武将の甲冑(もちろんレプリカ)を体験。
記念撮影できるようになっていました。


この展覧会は東京、京都、福岡の巡回で、京都での開催は7月26日(日)まで。
その後、8月7日(金)からの福岡市博物館では、九州にゆかりの島津家や立花宗茂公に関連した品が出陳されるようだ。

福岡も覗いてみたい。
大関ヶ原展@京阪三条駅の看板


リンク:「大関ヶ原展」公式サイト
http://sekigahara2015.com/