大阪は、阪急十三(じゅうそう)に武田薬品工業の工場があり、その塔屋にタケダの大きなネオン看板がありました。
十三「武田薬品」の看板


それが撤去されたようです。
武田薬品の大阪工場に併設された研究所が入っていた建物に看板が設置されていたのですが、研究所が神奈川県の湘南に移転。研究場の建物が取り壊されたようで。

昨秋に自転車で工場に隣接する阪急神戸線の線路脇を自転車で通ったときは、見当たらないなと思っていたのですが、その時点で撤去されていたようです。

昭和40年代に放映された武田薬品提供のテレビ番組で、十三の大阪工場とタケダの看板を空撮した映像のBGMに、♪タケダ、タケダ、タケダ〜、社名を連呼するオープニングキャッチが放送されていたようです。



現在、大阪工場内の建物の上部にタケダのロゴが小さく入っているのが工場外から拝めますが、今後、新たに建物が建設されるとしても、あのような大きな看板が設置されることはないでしょうね。
十三・武田薬品の大看板


(画像2枚はブログ「十三のいま昔を歩こう」より。)

リンク:
さよなら十三のタケダの看板@十三のいま昔を歩こう
湘南研究所について@武田薬品工業株式会社
大阪工場のご案内 - 武田薬品工業株式会社(pdf形式)


以下、amazonにリンクしています。