9月16日水曜日は、京セラドーム大阪での、オリックス・バファローズと福岡ソフトバンクホークスとの一戦へ。
Bs×ホークス
優勝へのマジック2のまま、15日は連勝が止まったホークス。

ホークスのバンデンハーク、Bs東明両先発による投手戦ですいすい試合が進む。

2回に1点を先取したホークスだったが、その後は好投するBs東明投手から得点することができず。

7回には細川選手の左前への安打の際、左翼のT-岡田選手からの返球が素晴らしく、間一髪で二塁走者がブロックされ、加点することができず。
本塁封殺-1本塁封殺-2本塁封殺-3


9回、松田選手が逆方向の右中間へのソロ。
会心の当たりでした。
松田宣浩ソロ-1松田宣浩ソロ-2
松田宣浩ソロ-3松田宣浩ソロ-4
松田宣浩ソロ-5

東明投手は9回を完投。
2点に抑えた好投ぶりをホームのファンに讃えられていました。

ホークスはその後、サファテ投手に繋ぎ、リレー完封。
サファテ

◆9月16日 京セラドーム大阪

オリックス・バファローズ 0−2 ホークス

H 010 000 001|2
Bs 000 000 000|0


リンク:日刊スポーツスコア速報

この時点でマジック1。ファンとともに京セラドームで待機。
千葉マリンでのファイターズ戦の結果を待ちました。

30分以上待機しましたが、結果はファイターズがマリーンズを下し、マジック1のままでした。
マリンでの結果が出た後、待機していたホークスの選手、監督がグラウンドに登場。

長い時間同じく待機していたファンに挨拶。地元での胴上げを誓っていました。
挨拶