セレッソ大阪がホームスタジアムとして使用している「キンチョウスタジアム」(長居球技場)の改修計画を発表したようだ。
題して「セレッソの森スタジアム構想」。
セレッソの森スタジアム構想
現在、20000人を満たさないキャパを40000人にするために、段階的に改修工事を進めるという。
まずはバックスタンドとアウェイ側のゴール裏を改修するという。

建設費は約50億円を計上。
寄附や自己資金で賄うという。

2019年シーズン完成って、ラグビーW杯よりは、2020年東京五輪のサッカー会場候補狙いもあるかな。


ともあれ、育成スタジアムって「A列車で行こう」的な。

無粋だが、要はカネの集まり次第。

リンク:
キンチョウスタジアムの育成型複合スタジアム化 改修に関する会見 要旨 @セレッソ大阪公式ファンサイト
育成型複合スタジアム「セレッソの森」スタジアム構想始動!