12月19日土曜日は、静岡県磐田市ヤマハスタジアムで行われたジャパンラグビートップリーグ第6節、ヤマハ発動機ジュビロ×神戸製鋼コベルコスティーラーズ戦へ。
IMG_7018

3年ぶりに磐田でのトップリーグ観戦。
IMG_7023


前回と違うのはラグビーが人気競技となり、今や時の人である五郎丸歩選手が属するヤマハジュビロのホームゲームであること。
IMG_7019

この日は新幹線で、磐田に行ったのですが、JR磐田駅から混雑。スタジアムへ向かうシャトルバスは長蛇の列でした。
ただ他の会場と違うのは此処はサッカーJリーグ「ジュビロ磐田」のホームスタジアムでもあり、多くの観衆を集めたときの会場運営に慣れていること。これは流石でした。

キックオフ前にはバックスタンドとホームのジュビロ側ゴール裏スタンドは満席に。
メインスタンドとアウェイ側ゴール裏スタンドも若干の空席を残して埋まりました。
IMG_7020

キックオフ前には、両軍のチームカラーの赤と青のジェット風船を挙げるイベント。
IMG_7043

#観衆が集まらないと様にならない(笑)


今季のトップリーグは16チームを2つに分けて総当たりリーグ戦を行い、両組で上位4チームでプレーオフトーナメントを戦うのですが、ヤマハは全勝で首位、神戸はドコモに1敗にしての4位。
リーグ上位だとプレーオフ初戦の会場が神戸に近い会場となるので、経済的にも大きいので。
是非ともヤマハに勝ってほしいところでした。

試合は神戸があっと、前半に相手陣内での相手のパスをWTBアンダーソン・フレーザー選手がチャージして、先制トライを決めたのを皮切りに、前半は3トライ。
後半には4トライを挙げ、合計7トライで、昨シーズン日本選手権王者を圧倒しました。
IMG_7105


とくに左WTBに起用された大橋由和選手は自身だけで4トライ。
ジャパン(日本代表)のマレ・サウ選手や五郎丸選手にタックルを受けながらもボールをインゴールゾーンへ持ち込みました。
4トライ目は自身が観戦したゴール左隅に。
IMG_7078

決めた後は前川鐘平選手に思い切り跳び蹴りを食らっていました。
IMG_7088

ディフェンスも最後まで集中。
終盤にヤマハに2トライと五郎丸選手にキックの「見せ場」を献上しましたが、それ以外の場面で、五郎丸選手にペナルティゴールを蹴らせる展開に持っていきませんでした。

これでリーグ戦は最終節のトヨタ自動車ヴェルブリッツ戦を残すのみ。是非1位抜けして、プレーオフトーナメントは関西での初戦を決めてほしいです。
IMG_7114


(iPhone5Sで撮影)

◆12月19日 ヤマハスタジアム(磐田)

ヤマハ発動機 14−43 神戸製鋼
(前半0−19)
(後半14−24)

観衆:12,842人

リンク:試合結果@トップリーグ公式サイト