洋菓子の全国チェーン「不二家」の三角苺ショートケーキです。
image

海外では「レイヤーケーキ」ともいわれる。
日本式の「ショートケーキ」。ホールサイズのケーキを何等分かして、販売される。日本独特の「ソートケーキ」。これを初めて売り出したのが「不二家」。

私の幼いころ(昭和50年代)までは、街中のケーキ店といえば、「不二家」「お菓子のコトブキ」「タカラブネ」に関西だと「パルナス」「エーデルワイス」。チェーン展開したお店ばかりで、工場で作ってお店に運んでくる方式の店が専ら。

誕生日が来ると、チェーン店のホールケーキで祝ってもらった。

今のように、個人経営の店が個性を競いあって、美味しいケーキが出ているけど。

ときに「不二家」が懐かしくなって、食べたくなる。

その「不二家」。
本社がある銀座数寄屋橋交差点のお店は、限定ものがあるようだ。


リンク:
不二家ホームページ
不二家のショートケーキの中のショートケーキ。@街歩いて、食べ歩いて、また街歩いて。 by burishabu
みんな大好きなショートケーキは日本が発祥の地だった!@NAVERまとめ