8月27日公開の映画『後妻業の女』を大阪「TOHOシネマズ梅田」のスクリーン1で鑑賞。
後妻業の女@TOHOシネマズ梅田


以下、ネタバレ含有。
原作の黒川博行氏の小説『後妻業』はハードボイルドが前面に出た作品だったが、映画のほうはコメディ主体。色気も笑いもあり。それも大阪テイスト。

前宣伝でそんな話を聴いていたので、ドラマの舞台である大阪の映画館で見たいと思い、公開初日にTOHOシネマズ梅田で。

かつての北野劇場だった大きなスクリーンはほぼ満場。
高齢者ばっかりでしたが、笑いの場面ではよう沸いてました。

深夜のレイトショーでじっくり見るのもええんですが、喜劇はみんなで笑ってみたい。
まるでライブを見るような。映画館で見る醍醐味です。

作品は、藝達者揃いの俳優陣。
そんな中、若手ホステス役の樋井明日香さんが気になった。

ブログとか見ると、全然違う雰囲気だった。他の作品での演じ分けを見てみたいな。

あとは、鶴瓶師。
師のニヒルな面、もっと見たかったな(笑)

リンク:
映画『後妻業の女』公式サイト
「後妻業の女」大阪で水上会見、鶴瓶を監督が絶賛「きれいな尻撮れたので大満足」@ナタリー
「後妻業の女」大ヒット上映中。感謝。 @樋井明日香オフィシャルブログ

追伸
今日発売の「週刊文春」9月8日号に、出演者一同の写真が。
image

公開初日の舞台挨拶のものか。
「週刊文春」2号連続で同作品をプッシュ。

原作の版元が「文藝春秋」だからというものあるんでしょうが・・・。


インパクトある原作本の表紙です。