産経新聞によると、25日夜、奈良県天理市の西名阪自動車道東行き車線で、三重県松阪市の会社役員の男性(90歳)運転の乗用車が逆走し、対向してきた二輪車と正面衝突したという。



双方ともに命に別状はなかったのが何より。
二輪車の男性が事故後、twitterで状況をツイートしている。


奈良県警高速道路交通警察隊によると、男性は天理インターチェンジの出口から西名阪の東行き車線に進入。約600メートル逆走して事故を起こした。

「ぶつかるまで気付かなかった」と話しているという。

天理インターは方向によって出入り口は分かれていて、昼間なら間違えることはないのだろうが。
夜だったので対向がないこともあり、見間違えたか。

因みに西名阪は私の大阪〜浜松の移動のメインルート。
考えただけでも、恐ろしい話。ぞっとする。

リンク:90歳男性、西名阪を600メートル逆走 大学生のバイクと正面衝突「ぶつかるまで気付かなかった」@産経west


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。