ブラジルのサッカークラブ「シャペコエンセ」の一行が搭乗したチャーター機が28日夜(日本時間29日)、コロンビア中部メデジン近郊で墜落しました。
ブラジルの大手メディア「グローボ」によると、乗客と乗務員81人のうち5人の生存が確認されましたが、2012年にセレッソ大阪、2013、14年にジェフ千葉に在籍したFWケンペス選手は、死亡が確認されたという。
image


またグローボによると、過去にJリーグに所属経験のある、MFクレーベル選手(05年柏)、DFチエゴ選手(10年京都)、MFアルトゥールマイア選手(15年川崎)のほか、09年にヴィッセル神戸で指導経験のあるカイオジュニオール監督の死亡も確認されたそうです。

合掌。

(2016.11.30 16:26追記)
加筆しました。