1月14日土曜日は、ノエビアスタジアム神戸でのラグビー、トップリーグ最終節、神戸製鋼コベルコスティーラーズ×サントリーサンゴリアス戦へ。
image
image

優勝が十分狙える位置にあった神戸が、上位チームとの対戦に力負け。かつ中位チームに取りこぼし、最終節を待たずして、日本選手権(3位以内)の圏外に。

相手は昨季9位から今季は首位のサンゴリアス。
今季は磐田でのヤマハジュビロ戦で見たが、神戸のお株を奪うアタッキングラグビーでヤマハを振り回してた。SO小野晃征選手もキレッキレだった。

そんなサンゴリアス相手だが、ラグビーはモメンタムの競技。
宿敵相手に意地見せてほしかった。

前半は神戸がハーフタイム直前までリードしていたものの。
DSC_0005

攻撃ではハンドリングミスの繰り返しでなかなかリズムが生まれず。

後半はサンゴリアスに点差を離されていった。
DSC_0015

結果15対27。

優勝したサンゴリアスは沢木監督の胴上げなかったな。

それがサンゴリアスの流儀なのか。

敗れた神戸は、今季で引退するジャック・フーリー選手を胴上げし、肩車までしていた。

この眼前優勝を本当にバネにしてほしい。
image



◆1月14日 ノエビアスタジアム神戸

神戸製鋼 15−27 サントリー
(前半8−14)
(後半7−13)

観衆:8,393人

リンク:
試合結果@トップリーグ公式サイト
マッチレポート@関西ラグビーフットボール協会


この結果、21日に開幕する「第54回日本選手権」の準決勝カードは次の通り。

第一試合(12:05K.O.) パナソニック×ヤマハ発動機(NHKEテレで生中継)
第二試合(14:05K.O.) サントリー×帝京大(NHK総合で生中継)

会場は、いずれも東大阪市花園ラグビー場。