大阪市交通局は、「地下鉄谷町線」のダイヤ改正を3月25日に実施すると発表。
平日ラッシュ時以外と土休日に運行していた「文の里〜都島」間の区間列車を全て「大日〜八尾南」間の全線運転に改めるとのこと。
地下鉄谷町線「八尾南行き」



地下鉄谷町線では、平日のラッシュ時以外と土休日は、5分おきに、「大日〜八尾南」全線運転列車と、「文の里〜都島」間の区間列車を交互に運行していたのだが。

文の里以南の谷町線沿線の人口(利用者)増加に対応されず、20年間放置されていた状態。

とくに駒川中野、平野、喜連瓜破(きれうりわり)の3駅の乗降者数が多く、文の里止まりを喜連瓜破まで延長してくれたら、混雑は緩和されると思っていましたが。
#20年の乗降者数の増減については、下記リンク「Osaka-Subway.com」で詳しくまとめられています。

今回の改正で、ラッシュ時以外は7分半おきに全線運転の列車に改められる。

これで、平日夜の「文の里行き」という行先掲示を見て、ガックリにならなくわけだ。
地下鉄谷町線「文の里行き」


ただ全線7分半間隔になるので、逆に都心部(東梅田〜天王寺)は混雑度が高くなるということか。

平日夜における八尾南行き天王寺寄り車両の混雑は、改正前の今でも半端ないので。

(画像は2009年に撮影。)

リンク:
大阪市交通局|市営地下鉄谷町線のダイヤ改正を行います(プレスリリース)
【速報】谷町線、20年ぶりのダイヤ改正を実施。悪名高い文の里行きが廃止へ。@Osaka-Subway.com