阪神百貨店梅田本店が入る「大阪神ビル」です。2014年撮影。
Daihanshin-building
昭和20年代に地上4階地下2階の建物で竣工。その当時からアールの利いた建物だったようだ。

その後、増築を重ね。今は地上10階まで大きくなっている。

館内の途中階で、エスカレーターの位置が変わっているのは増築を重ねた痕跡。

ビルの建物名が「梅田阪神ビル」でなく「大阪神ビル」なのは、目の前のライバル(当時の国鉄や阪急)に対しての対抗心が大きく影響したのでしょう。

「阪神電車梅田駅」は手前の道路地下2階にあり、阪神百貨店地下売り場の一部が、駅の上に当たる地下1階部分にも拡がっています。

この建物、隣の「新阪急ビル」と共に、建て替えが決定。

どう変わるかは不明ですが、建て替え後も地下の「スナックパーク」は復活してほしいものです。

阪神百貨店梅田本店(大阪神ビル)
大阪市北区梅田一丁目13番13号


(2017.3.19 5:30追記)
建て替え前の「大阪神ビル」の増築が「阪神梅田本店の奇跡」として公開されています。

リンク:阪神梅田本店の奇跡@阪神百貨店ホームページ