3月11日に行われたJ1リーグ第3節、北海道コンサドーレ札幌×セレッソ大阪戦について。
外出していたので、DAZN中継を車載で拝聴。
解説は吉原宏太氏だったが、滑舌がよくなく、聴き取りづらかった。

先制はセレッソ。
セットプレーからマテイ・ヨニッチ選手がヘディングで決める。
DFだが彼が得点トップ(笑)

後半は、コンサドーレに逆襲。
セットプレーから、強引に割り込んだ都倉選手にヘディング弾を決められる。

後半80分には、山口選手からの絶妙なクロスから清武選手のボレーシュートが惜しくも決まらず。勝ち点3を挙げることはできませんでした。

◆3月10日 札幌ドーム

札幌 1−1 C大阪
(前半0−1)
(後半1−0)

【得点者】マテイ・ヨニッチ(C大阪)都倉賢(札幌)

リンク:試合結果@セレッソ大阪ファンサイト