5月5日金曜日は、大阪府和泉市にある「和泉市久保惣記念美術館」へ。
image

泉州で約100年綿業を営んでいた「久保惣」が繊維業の衰退による廃業を機に、所蔵していた国宝、重要文化財を含む約500点の美術品、並びに、久保家の土地、建物(本宅と茶室)を運営資金として和泉市に寄贈し、1982年に開館。
以降、久保惣により、新館、音楽ホール、市民ギャラリーが寄贈。
map


(上図は久保惣美術館のホームページより。)

コレクションは久保惣以外からも寄贈があり、約11000点にのぼるという。

広い敷地には川が流れ、竹中工務店が施工した建物が庭と調和している。
image



敷地全体がひとつの美術品のよう。

展示室内は換気が良くないのか、空気が悪い。黴った匂いがするのが残念だった。
定期的に空気の入れ換えをお願いしたい。

音楽ホールでは、フリーライブが定期的に行われているようだ。

ともあれ、こんな美術館が身近にある和泉市と付近地域のかたがたが羨ましい。

電車でのアクセスは、泉北高速和泉中央駅から南海バス「美術館前」下車、または和泉中央駅から徒歩30分。
久保惣美術館ホームページから、和泉中央駅から徒歩で辿れるマップが公開されています。
image



和泉市久保惣記念美術館
大阪府和泉市内田町3-6-12
0725-54-0001
10:00 - 17:00(入館は16:30まで)
月曜定休
地図

リンク:
和泉市久保惣記念美術館(美術館公式ホームページ)
和泉市久保惣記念美術館|タウン情報|泉北高速鉄道