5月28日日曜日は、ノエビアスタジアム神戸でのJ1リーグ戦、ヴィッセル神戸×セレッソ大阪戦へ。
DSC_0001
3年振りのノエビアでのセレッソ戦。

ヴィッセル戦恒例?の試合前の長蛇の列。
image


この日押さえたメイン側のビジター自由席は普段のラグビー観戦時には開かないメイン北ゲートでの入場。
image


#北スタンドのビジター応援席と入場列が違っていた。
image


場内案内が少々解りづらく、大廻りを強いられた。事前にヴィッセルのホームページで確認しておく必要があった。

屋根が開いたノエビアスタジアム。
普段は屋根が閉まった中で、ラグビーを観戦しているので、こうした開放感あるほうに惹かれる。
冬場のラグビー開催時に屋根を開けると、下段席に設けられている暖房が効かないらしいが。
底冷えするノエスタなので、日差しが入るだけでも違うと思うが。

試合前のデモンストレーション。
ヴィッセルガール改め、ヴィッセルセレイアはビジター寄りスタンドには来ないようだ。。。

メンバーは。
DSC_0183

3日前のルヴァン杯でのヴィッセル戦と比べ、総入れ替え。

開始早々からセレッソのペース。
先制は前半29分。マテイ ヨニッチ選手からのロングフィードに山村和也選手が対応。
相手DFの裏を取ると、相手GKが前に出てきたところをスライディングで流し込みました。
DSC_0250
DSC_0251
DSC_0252

FWとして覚醒した獣のような動き。
DSC_0256


その後、ヴィッセルの戦術的選手交替。36分、大森晃太郎選手からウエスクレイ選手にスイッチ。
DSC_0301

自由にボールを動かされ、守備がバタついた。
その間隙を渡邉一真選手に狙われ同点ゴールに。
DSC_0330

前半は1−1で折り返し。
DSC_0339


後半は14分に、早々に戦術的選手交替。
エース柿谷曜一朗選手から水沼宏太選手へのスイッチ。
DSC_0480
DSC_0481

水沼選手を右に、清武選手を左に配す。

その5分後に勝ち越しの場面。
清武選手から裏に出たパスを、山村選手が引き寄せ、ファーサイドの水沼選手へクロス。
これを水沼選手がダイレクトでヴィッセルのゴールネットへ突き刺しました。
DSC_0528
DSC_0529

ゴール直後、喜びを前面にだした水沼選手へ、パスを出した清武選手らが彼を祝福していました。
DSC_0534
DSC_0542
DSC_0571


ここで、これまでの尹晶煥監督の采配だと「守備的」となるのですが、
相手の裏をかく意味もあってか、攻撃的な選手の交替へ。

勝ち越し直後の後半16分に、杉本健勇選手に替わり澤上竜二選手を投入。
ゴールはならなかったものの「がたいの強いタイプはセレッソにはいなかったので今後が愉しみ」と知人が推していました。
DSC_0733


後半41分には清武選手から関口訓充選手への交替と、攻撃的選手へのスイッチ。守備的布陣に変更せず。
結果、ルヴァン杯に続き、ヴィッセル戦連勝を決めました。
DSC_0782
DSC_0787

順位でも暫定ながらレッズを抜いて3位に浮上。

ともあれ水沼選手にゴールが決まったのは嬉しい。
チームの一員になれた感があって、藤本康太選手の祝福ぶりがそれを物語っていました。
DSC_0815
DSC_0835


◆5月28日 ノエビアスタジアム神戸

神戸 1−2 C大阪
(前半1−1)
(後半0−1)

【得点者】山村和也、水沼宏太(C大阪)渡邉一真(神戸)


リンク:試合結果@セレッソ大阪公式ファンサイト


以下、尹晶煥監督の話(セレッソ大阪公式ファンサイトより。)
「何日か前にカップ戦が終わった後、すぐのゲームで少し負担もあるゲームでしたが、最後の最後まで走ってくれた選手に感謝の気持ちを送りたいと思います。大勢の方々にスタジアムまで足を運んでいただいて、その熱い声援に恩返しすることができて良かったと思います。試合の話をしますと、今日は集中力で勝負が左右したと思います。僕らが失点した場面では、僕らの集中力が切れているところもありました。もちろん、神戸さんも集中することができずに2失点してこういう結果になったと思います。集中力のところで勝負が決まったと思います。中断期間まであと1試合残っていますが、最後の最後までいい準備をして、いい試合ができるように頑張っていきます」

Q:決勝点が途中出場の水沼宏太選手で、同じく途中出場の澤上竜二選手もいいプレーをしていたと思いますが、チームの底上げという点で、監督の評価と手応えは?
「この前の試合で(澤上)竜二も(水沼)宏太もいいパフォーマンスを見せました。そして、練習の中でもいい姿を見せていました。もちろん、他にもいい選手はいましたけど、今日は宏太と竜二が先に入ることになりました。今のチームは全選手がやろうとする意欲に溢れているので、誰が入っても十分やってくれると思っています」

Q:柿谷曜一朗選手を59分に代えた意図は?
「まず、雰囲気を変えるためでした。その時は(ピッチが)淀んでいるような様子が見えたので、そういう状態のまま試合を続けていると、また失点する可能性が出てくると思ったので、もっと活発に動ける選手が欲しかったです。その理由で、交代させました」

Q:今日も1得点1アシストと活躍した山村和也選手については?
「今日、僕から見て、すごく頑張っていて、よくやってくれました。もっとゴールとアシストができる選手だと思っておりますし、今日はそういうシーンを作れたと思います。なので、そういうところをもう少し向上させることができれば、もっといい選手になると思います。そして、山村選手は今、チームのために献身的に頑張っているので、それを見て感心しております」