今朝(10日午前)、愛知県新城(しんしろ)市の東名高速道路上り線(東京方面行き)で対向車線(名古屋方面行き)を走っていた乗用車が中央分離帯を超え、追い越し車線を走っていたバスと衝突した事故が起きたようだ。
午後に放送された「NHKニュース」では、バスに搭載されていたドライブレコーダーが一部始終を収録した模様を放送されたようだ。

対向車線を走っていた乗用車がバスの目の前に飛んでくる衝撃的な映像が。
image
image
image



(以上、NHKニュースより。)

こんなときどうしますか?・・・・考えたことない。



たまに「対向車線を走っていた車が中央分離帯を超え」というニュースを聞くことがあるが。それが実際に映像で全国で放映されたようだ。

左側の走行車線に車がいなければ、左にハンドル切るしかない。
左に車がいれば。。。。屈め・・シートベルトが締めてるので、それもできない。

「中央分離帯を乗り越え」てしまう構造に問題ないのだろうか。



警察は調査結果を公表して、事故の再発防止を促して欲しい。

以下、閲覧注意。



リンク:東名高速の衝突事故 乗用車が反対車線に飛び出しか@NHKニュース(リンク切れ)

以下、amazonにリンクしています。