24日、和歌山市内某所で撮影。
金鳥「蚊取り線香」琺瑯看板

この「かとりせんこう」と「キンチョール」の組み合わせで、日本で一番拵えられたホーロー看板だという。
菱形のインパクトある看板。

そして金鳥のマーク。
「鶏口と為るも牛後と為る勿れ」の精神を大切にした創業者、上山英一郎氏により鳥をマークにしたようだ。

この看板が掲げられた和歌山県内には、今も金鳥を始め蚊取り線香の工場が多い。

今季から「セレッソ大阪」のユニフォームの袖にある「KINCHO」の広告に、この鳥マークが入るようになったが、個人的には「KINCHO」のロゴより、鳥マークを大きくしてもらいたいところ。


参考リンク:
「金鳥」商標のいわれ なぜニワトリなの?|会社案内|KINCHO 大日本除虫菊株式会社
金鳥看板の考察@琺瑯看板探検隊 Official Web Site