7月5日水曜日の夜は、市立吹田サッカースタジアムでのJ1リーグ戦、ガンバ大阪×鹿島アントラーズ戦へ。
DSC_0003
ガンバ大阪のホームは吹田スタジアムに移ってから、何度か来ていますが、J1を見るのがこの試合が初めて。
image


image



ACLの日程都合で、ACLに出場した4クラブの5月13節の未消化分、この日に開催。
対戦カードは「ガンバ×アントラーズ」「フロンターレ×レッズ」と水曜日に開催するには勿体ない。

両試合とも週末開催だったら、前売り時点で完売であったであろう。
DSC_0334

ただ水曜日のおかげで。仕事帰りにゆったり観戦することができました。

吹田スタジアムからはJR京都線の快速に乗り、茨木駅に到着。
茨木駅西口から15分おきに発車するエキスポシティ行き路線バスに乗車。
スタジアム前の「記念公園南口」に到着。
image


15分に1本のため、バスは人気、人気。鮨詰め状態。

茨木駅から途中の万博記念競技場までのシャトルバスも出ているのだが、そこから徒歩10分かかる。
平日ナイターで余裕のないときに、「この10分」は大きい。だから鮨詰め覚悟でそのバスに乗る。
料金はシャトルバス、路線バスと同じ。

入場券はJリーグチケットのサイトで購入。
QRコードを取得しておき、場内入口に翳すと入場OK。
手数料不要だし、発券が不要になったのは大きい。
スマホ操作するだけだった。ある意味恐いが。

私がとったのはメインスタンド上段席の「カテゴリー4パノラマビュー」(上段席の通路下前3列部分)。
DSC_0002


手前サイドは上から見下ろすことになる。
DSC_0091

そして手前サイドラインは、前席観客の頭と重なる(汗)

上段スタンドはかなり傾斜のきつい構造ではあるが。


因みに上段スタンドへは。
正面から
image


階段を登って、改札へ。
image


一旦中に入ってから外の階段で上段スタンドへ。
image


image


階段で金属製の段が低すぎて上りづらい。
image



ビジター応援席はこの一角のみ。
ただ屋根があるので、よく響きます。
image



スタジアムグルメは、詳細はガンバのホームページで確認してもらうとして。
メインスタンド上段スタンドのコンコースには飲食売店が1店営業していたので、そこで購入。

買ったのは伊丹空港の空弁でもある「中之島ビーフサンド」(1200円)。
DSC_0005
DSC_0007

あと、その売店ではビールは缶しかなかった。

上段スタンドはビールサーバー担いだ売り子があるそうだが。
サッカーの試合に売り子は要らないです。

セレッソの試合では日常化しているが、サッカーの試合中に売り子をスタンドに歩かせるのは、止めて欲しい。
見たいプレーが遮られるから。

野球は1球ごとにプレーが止まるからええんですよ。
サッカーやラグビーはプレーが止まらないんで。

あと「でん」とか「くくる」がありますが、売店数は「それなりに」あると思いますが。
サッカーは試合中に観客が動かず、試合前とハーフタイムに集中するので、スタグル食べたければ、時間にかなり余裕あったほうがええと思います。
でなければ、持ち込んでいったほうが無難か。

試合前には場内照明を落とす趣向。
DSC_0002

DSC_0003

再び照明を灯す。まだまだ明るい午後7時前とはいえ、照明塔の明るさが際立ちます。
照明に採用されたPanasonic製LEDの宣伝効果を狙ったのかと思っています(笑)
DSC_0102

さて試合のほうは、3位アントラーズと4位ガンバの結果によっては首位が狙える一戦で、注目してました。
アントラーズは小笠原満男選手が先発出場。
DSC_0027

前半主導権を握ったのはガンバで、アントラーズは守勢でしたが、その守備が安定。
ガンバは再三チャンスあったのですが、ものにすることができず、0−0で前半折り返し。
DSC_0168

前半凌いだアントラーズが後半に先制ゴール。
アントラーズが相手陣内でボールを奪うと、最後は遠藤康選手が、角度のない位置から絶妙のキックを入れ、ガンバゴールに決めました。
DSC_0208
DSC_0209
DSC_0210

直後遠藤選手はゴール裏の広告看板(リボン)を乗り越えずに、看板の上に立ったままで喜びを表していました。
DSC_0215
DSC_0221

#乗り越えたらイエロー警告ものだからでしょう(笑)
DSC_0229


その後はアントラーズが安定した守備力を見せ、ゴールがほしいガンバを焦らせ、嵌まらせました。
ガンバ」は後半20分に遠藤保仁選手、さらに27分には泉澤仁選手を投入しましたが。
DSC_0277

決定的チャンスをなかなかつくることはできませんでした。

手堅い守備を前に、焦るベテラン遠藤選手でした。

後半のロスタイムはあわや同点ゴールか?
アントラーズゴール前での両軍が交錯する場面がありましたが。
DSC_0412

ゴールはならず。
あとで写真を確認したらガンバのGK東口順昭選手までセットプレーに参加していることがわかりました。上の画像で倒れているのが東口選手。
DSC_04542


アントラーズが横綱相撲で、1−0でガンバを下しました。
DSC_0460

この結果、アントラーズが5連勝で首位に立ち、前節で暫定首位となったセレッソは勝ち点1差の2位に後退して、シーズン前半戦折り返しとなりました。
DSC_0466


◆7月5日 市立吹田サッカースタジアム

G大阪 0−1 鹿島
(前半0−0)
(後半0−1)

【得点者】遠藤康(鹿島)

リンク:試合結果@J's GOAL


試合後は「1ゲート」から外へ。万博記念公園駅への徒歩ルートや、JR茨木駅へのシャトルバス、東駐車場への案内標識が出ておりました。照明が届かない一部暗い場所があるんですが、多少は改善されたかな。
私は別ルートで帰りました。
この日は平日なんで空いていましたが、チケット完売の今度のホームゲーム(7/29大阪ダービーマッチのセレッソ戦)の後は大混雑するでしょうね。
DSC_0483


それでは吹田サッカースタジアムの上段席から、以上このへんで。
DSC_0484



おまけ