10月28日土曜日は、森ノ宮ピロティホールでの笑福亭鶴瓶さんの落語会へ。
image

image

2ヶ月以上前に、チケットぴあの抽選販売で前売り券を購入。

鶴瓶さんの噺を生で聴くのは、2年前の桂文太さんのNGKでの会以来。

流石の人気者。満場の入り。
image


ただ午後1時以降の開演に遅刻してくる客がちらほら。

演目は。

鶴瓶噺 笑福亭鶴瓶
悲しみよありがとう』(六代桂文枝・作)笑福亭鶴瓶
死神』笑福亭鶴瓶
(仲入り)
『妾馬』(上方落語相当:八五郎出世)笑福亭鶴瓶

      
開口から鶴瓶さん登場。
ツアー形式の「鶴瓶落語会」を観賞したのは初めてだったのですが、冒頭から鶴瓶さんが出てきて立ち噺(鶴瓶噺)が長めに続くんですね。

この会のチケット安くはないのですが、安くないチケット買っているのに、遅れて入る人がちらほらいて。
1席(鶴瓶噺)終わるまで会場に入れるなよと思うのですが。

客席の前のほう(3列目)で遅れてくる客がいて、思い切り気が削がれる訳で。

前から3列目やのに、堂々と遅れてくる客を見つけた鶴瓶さん、その客を思い切り弄ってました。

鶴瓶さん「オレの会に遅れてくるなよ」といわんばかりの弄りよう(笑)・・しっかり俎に載せて料理してました(笑)
客席を十分に湧かせて鶴瓶噺、終了。

落語に入って1席目は『悲しみよありがとう』。
六代文枝さんが三枝時代に創作したもの。
恩師の先生が亡くなり、通夜に集まるかつての教え子達。
笑ってはいけない場面で思わず笑いが込みあげてきて、困った話、etc。
細かいクスグリあるのは文枝さんの創作ものならでは。

2席目は『死神』。
三遊亭圓朝が創った古典を再構成してある。
死神が男から女に変わっている。
歌舞伎の心中モノにも繋がる結末。切ないが最後が一緒ならハッピーなのか。
#これが、男同士では色気あらへんから、このほうがええです。

舞台化または映像化してほしいと。
死神の女は、綺麗な女優さんが演じてほしいと。見たい(笑)

仲入り明けて。3席目は『妾馬』。
主人公は大阪弁を喋るが舞台は大坂にしてない様子。
関西以外でも口演されるので、そういう設定しているのかな。

この八五郎、藤山寛美さんをイメージして聴いたのですが。
観賞後に読んだ、チケットぴあでのインタビュー(下記リンク参照)で鶴瓶さん、寛美さんをイメージして噺を構成させたようだ。図星。

ネタバレだが、侍に取り立てようとする殿サンの要請を断る八五郎。
八五郎、出世しない。
上から態度の奴の要請を断る八五郎が、非常に痛快でした。

#出世しないから題が『八五郎出世』ではアカンわな。


3席終わって、下がる緞帳を一旦止めた鶴瓶さん。
下座やスタッフのかたがたの名前を挙げて、拍手を呼びかけました。

カーテンコール自体、落語会では珍しいのだが。

噺家一人で高座は務まらない。みんなの協力あって会が盛況になる。
もちろん観客の協力も・・・だから開演時刻に遅れないでね。

鶴瓶さんの落語会ツアーは、森ノ宮ピロティホールでは26日から29日まで。
この後、全国各地を廻られるようです。
image

image



リンク:
ベタも解禁! 鶴瓶流アレンジの古典は笑える人情噺 | チケットぴあ[演劇 寄席・お笑い](今回の落語会ツアーの鶴瓶さんインタビュー)
笑福亭鶴瓶公式サイト「つるべ.net」