12月19日月曜日は、京都は先斗町歌舞練場での「吉例顔見世興行」の第一部の公演へ。
IMG_6918
京都の顔見世。毎年四条の南座で公演しているのですが、今年は南座が耐震補強の為、休館中で、替わりに「先斗町(ぽんとちょう)歌舞練場」での開催。
IMG_6917

南座よりは収容人数が少ない為、いつもの二部公演と違い、三部公演に。

午前11時開演の第一部へ。

京都一の繁華街にある先斗町。狭い通りやけど、月曜日の午前中だと流石に空いている。
IMG_6930

先斗町歌舞練場の舞台。二階席後方からでも舞台が近かった。
IMG_6921
IMG_6933

演目は。
minamiza_201611ffl_a059c29532eb924e4457ca25cc3d4afe


1.源平布引滝 実盛物語
2.仮名手本忠臣蔵 道行旅路の嫁入

一幕目は『実盛物語』。
主演の斎藤実盛に片岡愛之助。初演とのこと。
中村亀鶴さん演じる敵役・瀬尾十郎との対峙。
瀬尾十郎、判りやすい敵役だった。面に特徴あって、あのキャラクターのお面でも作ったら売れるンとちゃうかと(笑)

小さい先斗町歌舞練場の舞台に、馬に乗る実盛。
松竹座や南座では思わんのでしょうが、馬が大きく見えました。

幕間休憩は30分ほど。
ロビーには着物と袴姿の門川大作京都市長の姿が。

二幕目は『道行旅路の嫁入(みちゆき たびじのよめいり)』。
坂田藤十郎さん芝雀改め新雀右衛門さんが、加古川本蔵の妻と娘小浪を演じてましたが、体型も顔も似ている。似たもの親子かと思った。

最後は二人だけで口上があって、第一部公演終了。

小さい箱ならではの臨場感。迫力があり、愉しめました。

南座の休館が本格的になると、来年も此処なのか。

ただこの箱だと演目が限られるのと人気演目だとチケットが獲りづらい。
昼の『吉田屋』みたかったな。

公演は25日まで。
IMG_6920


リンク:
雀右衛門が語った「吉例顔見世興行」での襲名披露 | 歌舞伎美人(かぶきびと)
愛之助×亀鶴 好対照の役、気迫の熱演 顔見世・実盛物語 : 京都新聞
先斗町歌舞練場 | 先斗町・鴨川をどり公式サイト