JR西日本の京阪神地区で運行されている221系電車です。IMG_7892

今から30年前に、国鉄がJR各社に分割民営化。
JR西日本として初めて投入された新型電車でした。

京阪神を快走する新快速や、大和路快速の電車として運行。
白を基調として外装。大きな窓。中もぴかぴかだった思い出。
そしてふっかふかなシート。

当然人気で、この電車が誕生してなかったら、今でも私鉄王国の天下だった、と思います。

分割民営化のJR西日本の旗艦(フラッグシップ)を担っていたと思います。

今では新快速は後継の電車に譲り、JR京都線、神戸線の快速や、大和路快速、嵯峨野線の快速や普通列車で見かけます。

現在運行している221系は、車内が改良され、吊革、手摺り、シートが改まっています。
シートが現行新快速のと同じで、ふかふかでないのが残念です。

(写真は2018年10月に撮影。)