2013年12月30日の夜は、大阪は中之島「フェスティバルホール」での「大阪フィルハーモニー交響楽団」の第九演奏会へ。
20131229
ライブで第9を聴くのは初めて。

指揮の井上道義さんは昔、テレビCMに出てはった。
あのスキンヘッドはとても印象的でした。

2014年春に大阪フィルの音楽監督に就任することが決まっていて、そのお披露目も兼ねているのか。

新朝日ビルから建て替わったフェスティバルタワーに入ったフェスティバルホール。
IMG_1864

細かい音の差はわからないが、旧フェスティバルホールの規格をそのままに継承されたのは見事。
IMG_1859

IMG_1860
IMG_1861

旧ホールの音の素晴らしさを激賞した、カラヤン。
今頃、あちら(天国)で驚いているだろう。

ただ、客席以外の通路が黒を基調としてて暗くて、視力の落ちているかたは辛そうだ。
設計者が若い人で、視力が弱い人のことが考慮されていないよう。
みな健康的な人ばかりでないのだ。


セットリストは。

ベートーヴェン「第9」
第一楽章から第四楽章まで

アンコール:『蛍の光』合唱

大フィルのコンサートでは開演時刻になると小鳥のさえずりの音を場内に放送してそれを報せるのですね。粋やな。

アンコールの『蛍の光』は、朝比奈隆さんが指揮者だった頃からの大フィル『第9』のお馴染みの演奏らしい。

場内の照明が落とされ、合唱団と合唱指揮のかたが、それぞれペンライトを持って合唱する様はとても幻想的。

午後7時の開演から休憩なし1時間半の演奏会。
復活フェスティバルホールでの演奏会。堪能しました。

来年以降。恒例イベントになってくことことでしょう。


リンク:
大阪フィルハーモニー交響楽団
フェスティバルホール