東京・有楽町マリオンにある「TOHOシネマズ日劇」が、2月4日に閉館するという。
「TOHOシネマズ日劇」の「日劇」のルーツは1933年に開館した「日本劇場」。
4000人収容するホールで、のちに東宝が経営権を手にした後は、レビューの上演と映画上映を行う、その名の通り日本を代表する大劇場だったそうな。

老朽化から1981年に「日本劇場」閉館。
道路挟んで隣接する「朝日新聞東京本社」と共に1983年「有楽町マリオン」に建て替わった。
有楽町マリオン


かつての「日劇」の位置には同じ阪急東宝グループの「有楽町阪急(今の阪急メンズ東京)」が入居。
その上階に「日劇」の名を継承した3館の映画館が開館。

思い出は、1000人を超える収容人数の日劇1で見た『タイタニック』。圧倒的な迫力ある映像を堪能できたことは忘れられない。

後に「TOHOシネマズ日劇」に再編され今に至ります。
近くにTOHOシネマズ日比谷が開業する為、「日本劇場」時代から続く85年の歴史に幕を下ろすという。
大きなスクリーンがあるのに、勿体ない話ですが。
あとは何に利用するのか。ふつうにホール事業なのか。

TOHOシネマズ日劇では、最終2月4日まで「さよなら日劇ラストショウ」というイベント上映を行っているようだ。
05

東京に住んでいたら、足運ぶんですが。思い出の劇場の最後の話を聴くのは寂しい限りです。

「さよなら日劇ラストショウ」にゲスト出演した女優、石田ゆり子さんが、自身のインスタグラムで日劇閉館について、触れています。



リンク:
“日劇”のフィナーレイベント『さよなら日劇ラストショウ』ゲスト登壇イベント&追加作品決定!! || TOHOシネマズ
スピルバーグも称賛した「日劇」 閉館迫り特別上映へ@朝日新聞
有楽町マリオン

(2018.2.3 18:22追記)
一部文言を加筆、訂正しました。