仕事帰りに寄った「あべのキューズモール」の「お好み焼 千房」で、小麦粉不使用(グルテンフリー)のお好み焼を試してみた。
IMG_9881

IMG_9870

「お好み焼 千房」では「豚玉」の素材に、ヤンマーが開発した米由来の食品素材「ライスジュレ」が使われている「豚玉新味」の販売を開始した。

「ライスジュレ」は小麦アレルギーの向けの代替食材として開発されたようだ。
主に小麦粉でつくられていたパン・お菓子、お好み焼き、シチュー、パスタなど日常の食品の素材に使えるという。
田植機、コンバインなど農機を販売しているヤンマーなので、米が売れる食材を開発するのも彼らの務めなのだろう。

味や食感は小麦粉使用のものと大きく変わらなかったが、多少粘りがライスジュレ使用のほうがあるように感じた。
IMG_9877

IMG_9878

IMG_9879


価格は小麦粉を使用した「豚玉」より260円ほど割高になる。
小麦アレルギーのかたたちが食べられなかった様々な食品に使用されるようになったら、価格もさがっていくことになるでしょう。
IMG_9880


千房 あべのキューズモール支店
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 あべのキューズモール4F
06-6634-3350
11:00-23:00
地図


リンク:
ライスジュレ|農業を、食農産業へ。|農業|ヤンマー
お好み焼専門店「千房」にて「ライスジュレ」を使ったお好み焼が販売されます | ライステクノロジーかわち株式会社(ライスジュレ製造元)
平成29年12月11日 新商品グルテンフリーのお好み焼「豚玉 新味〜グルテンフリー〜」を開発、販売 | 新着情報 | お好み焼 千房

おまけ
「お好み焼 千房」のビールの銘柄はサッポロビール。
IMG_9874

アサヒばかりの関西で。稀少な(笑)サッポロを置いている店。
貴重。