2月10日土曜日は、埼玉スタジアム2002での富士ゼロックススーパーカップ2018、川崎フロンターレ×セレッソ大阪戦へ。
DSC_0002
DSC_0013
前年度のJリーグと天皇杯の優勝チームが対戦するスーパーカップ。
IMG_9923

これまで優勝には無縁なセレッソでしたので、この大会に出場することもありませんでした。
かつて昭和のころ、ヤンマーディーゼル時代にJSL(日本サッカーリーグ)を制した古河電工(今のジェフユナイテッド千葉)とスーパーカップの前身となる大会に出場したようですが。

昨秋のルヴァンカップ決勝、元日の天皇杯決勝とともにスーパーカップも埼玉スタジアム開催。
IMG_9925
国立競技場の代替とはいえ、毎回、関西からの遠征は酷です。
どれか1試合でも関西開催であったら、経済的でも助かるんですが。

実際会場も地下鉄南北線1本で辿れるフロンターレのサポーター席は、余裕綽々とばかりにコレオグラフィーを見せつけたのに対し。

ゴール裏席が埋まらなかったセレッソ側は何もなし。
しゃあない。
DSC_0066

この試合は天皇杯優勝したことの「ご褒美大会」ともいえますが、両軍ともに、 ACL(アジアチャンピオンリーグ)が控えており、それに向けての戦力チェックという、大切な試合であります。
DSC_0101

試合前の。日本サッカー協会総裁だる高円宮妃殿下からの激励の挨拶。
ビックタイトルならでは。

君が代独唱はナオト・インティライミさん。
DSC_0072

3年ほど前に公開された映画『神様はバリにいる』での小兵ぶりが印象的でありました。

メンバーは。
DSC_0109

ソウザ選手、欠場。
ボランチには水沼宏太選手が。

ソウザ選手欠場・・・昨秋に等々力アウェイでのフロンターレ戦を思い出しました。
あのときはボランチには秋山選手が入りましたが、荷が重すぎて、フロンターレの攻撃陣にチンチンにやられ5失点。忘れられません。

この日は序盤から守備の意識が高く、フロンターレの大きな得点の機会を与えませんでした。
いつもスロースターターのセレッソですが、仕上がり早い印象。
元日天皇杯から始動までわずかな間ってこともあったからでしょうか。

序盤から、どの選手も動けてて驚きました。

先制は山口蛍選手のミドルシュート。
DSC_0235

2列目に控えていた山口選手にボールが廻ると利き足を一閃。低い弾道がそのままフロンターレのゴールマウスへ。
DSC_0250
DSC_0251

彼らしいシュートでした。

前半は1−0で折り返し。
DSC_0355

後半は開始から中村憲剛選手に替わり大久保嘉人選手、それに大島僚太選手を投入してきたフロンターレに対し、セレッソは柿谷曜一朗選手に替わり新加入の梁東(ヤン・ドンヒョン)選手を投入。

その直後に2点目。
後半3分、GK金鎮鉉選手からのキックを梁東選手が競り、その後ろを杉本健勇選手がヘディングで前に送ると、清武弘嗣選手が相手DFを振り切って、落ち着いて決めました。
DSC_0386
DSC_0387
DSC_0388

会心ゴール決めてがっつポーズの清武選手に杉本選手が祝福。
DSC_0389
DSC_0390
DSC_0391
DSC_0396
DSC_0414


後半6分にフロンターレの小林悠選手にPKを決められましたが。
DSC_0439
DSC_0441


試合の主導権はセレッソのままでした。

松田陸選手のクロスを梁東選手がニアでヘディング。
後半27分には梁東選手がPA外からシュート。
からに途中出場の高木俊幸選手のクロスに杉本健勇選手が合わせるも、ボールはバーを越え。
いずれもゴールならず。

その中で、セレッソに3点目が。
後半33分。カウンターから最後は梁東選手からのスルーパスを受けた高木俊幸選手がボールをおちついて、フロンターレゴールに鎮め、スコア3−1。
DSC_0616
DSC_0622
DSC_0633

試合を決定づける瞬間。
このゴールが出た瞬間に帰路にたつ観客がちらほら。

この後、後半アディショナルタイムに大久保嘉人選手にゴールを決められましたが。
DSC_0649
DSC_0652

1点差を守り切り、3−2で勝利。
DSC_0702
DSC_0703

初のスーパーカップを手にしました。

◆2月10日 埼玉スタジアム2002

川崎(2017年J1王者)2−3 C大阪(第97回天皇杯優勝)
(前半0−1)
(後半2−2)

【得点者】山口蛍、清武弘嗣、高木俊幸(C大阪)小林悠(=PK)、大久保嘉人(川崎)

入場者数:41,803人

リンク:試合結果@セレッソ大阪公式ファンサイト

表彰式。
スーパーカップ。
DSC_0730

でかい。サイズもスーパー。

賞金は3000万円。
DSC_0732

3000万円も貰える大会を無意味なんて云うたらアカンよ(笑)
因みに準優勝は2000万円。
DSC_0764
DSC_0765

天皇杯とちがって、メインスタンドに表彰台が設けられず。
DSC_0766

従ってケツしか撮れず(苦笑い)

次回スーパーカップ見に来るときはメインスタンド獲りますわ(汗)
DSC_0796

DSC_0827
DSC_0868

ゴール裏では新加入の高木選手がサポーターに挨拶。
初ゴール決められてよかった。
DSC_0896
DSC_0897


試合を観戦されたお父さんの高木豊さん(元プロ野球選手)もツイート。




以下、尹晶煥監督の話(セレッソ大阪公式ファンサイトより。)
===
●尹晶煥監督(セレッソ)
「まず、チームとして今季初の公式戦を勝利で締めることができて本当にうれしく思います。休みも多くなく、練習期間も長くはなかったのですが、すべての選手たちが集中力を保ってやってくれました。今年1年を通してやっていかないといけない部分を示してくれました。今年1年、どういうふうになっていくのかわかりませんが、出発点としては悪くなかったと思います。たくさんのお客さまがいらっしゃってくれて、たくさんの応援をいただきながら、今日、試合をすることができました。これからもいい姿を見せることができるように努力していきたいと思います。今日先発した11人だけではなく、すべての選手を起用しつつ勝利につなげていく、そういう試合を続けていきたいと思います。この後すぐにACLを控えているので、早く回復して、しっかりと準備していきたいと思います」

Q:ACLでの戦いに向けて、今日得た収穫と課題について
「昨年やって来た部分があり、その自信を持ちながら試合ができたこと。そういう継続を、勝利という結果で示すことができたことが大きなことだったと思います。交代で入った選手もチームに馴染んで入ってくれたと思います。すべての選手、誰が抜け、誰が入ってもしっかりとした試合ができるという自信が付いたと思います。ACLは韓国や中国のチームとするゲームなので、各国でスタイルも変わってきます。しっかりと合わせていく必要があると考えています」

Q:今季の上積みの部分として、「ボールを握って相手陣地でプレーする時間を増やす」というテーマがあると思いますが、この試合ではどうご覧になりましたか?
「どうでしょうか。フロンターレも、今日はコンディションが万全ではなかったと思います。逆に我々は昨年と違う姿を見せてくれたので、相手としては我々とやるのはやりにくかったんじゃないのかなと考えられます。昨年の土台は継続していきながら、今年は質を高めていこうと選手たちにも話しています。今日の試合だけで言うのであれば、本当によくできたと思います。もちろん、これを90分間継続できればいいですが、まだまだその段階まではいっていないです。改善していかないといけない部分や成長していかないといけない部分もあります」

Q:新しく加わった選手の中で、特にヤン ドンヒョン選手はセレッソにいないタイプで、いい補強だったと思いますが、監督はどうご覧になっていますか?
「もちろん、いい選手だと思います。早くチームに馴染むことが必要だと思うし、そうしていければ自分の長所をさらに生かすことができると考えています。そうすれば、チームとしてのオプションも増えます。もちろん、ドンヒョン選手だけではなく他の選手もいます。いずれにしても、早い段階でチームに馴染むことができていると感じています」

Q:ACLの初戦について。アウェイで済州ユナイテッド戦ですが、言える範囲で、どういう戦いになると予想されていますか?
「自分も韓国人ですが、韓国のクラブはスピードやフィジカルに優れているチームが多いです。そういった相手に、我々のいいところを90分間出すことができれば、相手もイライラしてきます。そういった試合ができるのではないかと思います。相手が嫌がるところを突いていくサッカーをしていかないといけません。相手が強く来る前に、シンプルなサッカーをすることができれば、相手にとって嫌なサッカーができると思います」
===