3月2日金曜日の夜は、キンチョウスタジアム(長居球技場)でのJ1リーグ戦、セレッソ大阪×北海道コンサドーレ札幌戦へ。
DSC_0073
「フライデーナイトJリーグ」と名付けられたJ1第2節。コンサドーレとの一戦には場外で展開されたイベント「たこパ」効果もあって、10000人を超える観衆。

メンバーは。
DSC_0096

前節と比べ、ソウザ選手と高木俊幸選手が先発。

先制は27分。
コンサドーレのGK具聖潤選手のキックミスを見逃さず、前線に展開すると、最後は高木俊幸選手からのクロスを受けた杉本健勇選手が、右足を振り抜き、コンサゴールに鎮めました。
DSC_0254
DSC_0255
DSC_0256
DSC_0265
DSC_0279

43分に追加点。相手ボールをマテイ ヨニッチ選手と水沼宏太選手が挟んで奪うと、柿谷曜一朗選手がドリブルでPA内へ進入し、ヒールで後ろへ。
DSC_0335

そこへ高木俊幸選手が走り込み、ダイレクトで決めました。
DSC_0336
DSC_0337

DSC_0339

前半はこのまま2−0で折り返し。
DSC_0358

DSC_0359

後半に入ると、一転コンサドーレの猛攻に。DFラインは自陣に釘付けに。

後半17分、前半から厄介だったチャナティップ選手にヘディングでゴールを決められます。
DSC_0430
DSC_0438
DSC_0444


後半20分過ぎ、尹晶煥監督が山村和也を入れて守備のテコ入れを図ろうとした直後。
DSC_0463
DSC_0467

コンサドーレFKのこぼれ球を拾われて、駒井善成選手のクロスから
DSC_0469

深井一希選手(8番)にヘディングで決められてしまいました。
DSC_0471
DSC_0472
DSC_0475

DSC_0483

知人が「2点差は恐い」といってましたが、あっちゅう間の同点劇でした。

後半27分に、セレッソに勝ち越しゴール。
相手選手がロスしたボールを拾って、ソウザ選手、杉本健勇選手が繋ぐと、杉本選手の折り返しを、柿谷曜一朗選手が、合わせ、コンサドーレのゴールマウスへ。
DSC_0493
DSC_0494
DSC_0495
DSC_0496
DSC_0499
DSC_0525

鮮やかな勝ち越しゴールでしたが。

今度は後半34分に、CKから進藤亮佑選手にヘディングで決められ、またも同点に。
DSC_0546
DSC_0551


この後は両軍とも勝ち越しゴールを挙げることが出来ず、試合終了。
DSC_0640
DSC_0642


ペドロヴィッチ監督は、スリリングな展開とゲームを評したようですが、セレッソから見ると、勝ち点3獲れていたのに、負けに近いドローゲーム。後半DF陣がずるずる下がったのが頂けない。
尹晶煥監督の交替指示も「守りに入った」印象でした。

ソウザ選手は終盤疲労困憊で動きが鈍かったです。
6日のタイ遠征は帯同しないかな。

来週10日のレイソル戦も厳しい試合となりそうな。
DSC_0655


◆3月2日 大阪・キンチョウスタジアム(長居球技場)

C大阪 3−3 札幌
(前半2−0)
(後半1−3)

【得点者】杉本健勇、高木俊幸、柿谷曜一朗(C大阪)チャナティップ、深井一希、進藤亮佑(札幌)


リンク:試合結果@セレッソ大阪公式ファンサイト




(2019.4.14 0:29追記)
コンサドーレ選手の名前の記載に一部誤りがありましたので、訂正しました。