5月2日水曜日は、名古屋・パロマ瑞穂スタジアム(瑞穂公園陸上競技場)でのJ1リーグ戦、名古屋グランパス×セレッソ大阪戦へ。
IMG_2867
前線通過で大雨の名古屋市内。
IMG_2884

IMG_2874

瑞穂陸上のメインスタンドは、屋根が覆っているのですが、後方が空いてて、風が強いと、そこから雨が入り込みます。
IMG_2872

IMG_2871

ずぶ濡れにならないものの、ポンチョがあると役に立ちます。
ただ、瑞穂の屋根が所々雨漏り(?)が原因か、上から水滴が落ちてくることが。
改修願いたいです。

メンバーは。
IMG_2889

杉本健勇選手は故障で戦線離脱。
柿谷曜一朗選手はベンチスタート。

試合は前後半通して、守備に重きを置いていました。
失点を防ぐ・・・それはよくわかったのですが。
相手のグランパスが先発にFWを4人も配しているのに、攻撃がジョー選手に合わせるだけの。
ジュビロ戦のときのように、サイドを抉られるシーンが見られず。
セレッソはジョー選手へのケアは万全に対応しましたので、大きな難はなく。
前半終了間際にあったガブリエル・シャビエル選手のFKは直接セレッソのゴールマウスに迫りながらも、金鎮鉉選手の好セーブで失点の危機は逃れました。
IMG_2966


攻撃のほうは清武弘嗣選手を起点に活性化…を期待しましたが、その清武選手が前半早い段階で負傷交替。
IMG_2915

相手に削られた訳でなく、肉離れだったようで。
清武選手は復帰しても直ぐに故障。痛いです。
IMG_2917


後半もスコアは動かず。
後半40分には、現在グランパスの長谷川アーリアジャスール選手がこの日2枚目警告で退場になり、数的有利になった後も。あわやという場面はあったんですが。。。

雨中のディフェンスは零封したので、勝ち点3が欲しかった。
IMG_3151

大雨が降り続く瑞穂から以上このへんで。
IMG_3155


(iPhone7で撮影)

◆5月2日 名古屋・パロマ瑞穂スタジアム(瑞穂公園陸上競技場)

名古屋 0−0 C大阪
(前半0−0)
(後半0−0)

【得点者】なし

リンク:試合結果@セレッソ大阪公式ファンサイト

試合後の尹晶煥監督の話(以下、セレッソ大阪公式ファンサイトより。)
===
●尹晶煥監督(セレッソ)
「今日の相手がコンディション的にもいい状態ではなかったので、どのような形であれ勝点3を獲得したかったのですが、疲労度だったり、今日の天気だったり、芝生のコンディションだったり、そういったものがすべて厳しい戦いになったのかなと思います。
 相手のゴール前まで迫ることはできたのですが、決定力や最後のパスの質が若干落ちてしまった。これから改善していかないといけないのは、そういった部分だと思います。毎日練習しているのですが、試合で自然に出てくれば、よりいいと思います。(今日の)勝点1に関して、貴重に考えないといけないのかなと思います。この悪天候の中、たくさんのサポーターの方に来ていただいたのですが、そこで結果を出せなかったことに関して申し訳なく思っています」

Q:前半23分に負傷交代した清武弘嗣選手の状態について、わかる範囲でお願いします。
「見た限りでは、(痛めた箇所は)左のふくらはぎだと思います。帰って、病院に行く必要があるのかなと思います」
===