5月26日土曜日は、京都・西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場でのJ2リーグ戦、京都サンガ×横浜FC戦へ。
IMG_4028
横浜FCに所属するKAZU選手(三浦知良選手)目当てで西京極へ。
DSC_0786


とても久しぶりに南側のゴール裏席(ホーム自由席)へ。
IMG_4033


西京極のスタンドはどこも傾斜が緩くて、ピッチがとても遠くに見えてしまう。

私は一眼を覗いてたからええんですが、そうでなかったら遠い向こうでサッカーゲームやっている感じ。

サンガの新スタジアムが亀岡市で建設中ですが、早くできて欲しいと思います。

この試合は京セラの特別協賛試合で、試合前には先着で京セラのスローガン入りタオルが配られたようだ。
DSC_0773

「団結」って…。
共産党を支持する人が多い京都の街ならでのスローガン(微笑)。
デザインはよさげだったが、タオルはぺらぺら生地だった。手拭いだったら銭湯に立ち寄るときに使えたかなと思った(笑)

メンバーは。
DSC_0770

スタンドの角度が悪く、横浜FCのGKとFWのイバ選手(10番)の名前が見えず。

試合はスコアレスで迎えた後半に動きます。
開始にサンガに絶好のチャンスが。ゴール前のクロスボールにサンガの大野選手が合わせるも、シュートはクロスバーに直撃。
先制機を逸すると、流れは横浜FCへ。

後半6分、サンガゴール前でロングボールを収めたイバ選手から、走り込んだレアンドロドミンゲス選手(40番)がワンタッチで先制。
DSC_0907
DSC_0908
DSC_0909

鮮やかな先制ゴール。ここだけJ2の規格を超える展開だった。
DSC_0910


そして、後半26分には、今度はレアンドロドミンゲス選手からの縦パスを受けたイバ選手が相手と競り合いからゴールへ流し込み、2点差にサンガを突き放しました。
DSC_0015

ゴール挙げた後「神様〜!」のイバ選手。
DSC_0019
DSC_0024


終盤、横浜FCは温存していたサンガOBの松井大輔選手と三浦知良選手を投入。
DSC_0188
DSC_0216

KAZU選手の登場で、ホーム自由席の子供たちが一斉にスタンド最前列へ。
DSC_0199
KAZU選手に歓声を送っていました。子供たちは正直者。

試合はこのまま終了。2−0で横浜FCがサンガを下しました。
DSC_0290

試合後、選手たちを祝福するKAZU選手。
DSC_0306
DSC_0317
DSC_0321

横浜FCサポーターだけでなく、声援していた多くの子供たちにも手を振って応えたKAZU選手。
DSC_0326

試合前の練習から他のメンバーと変わらんくらい走って、メンバーを鼓舞して、試合後はメンバーを労う。
横浜FCに欠かせんわ。あのパフォーマンス見せられたら、若手、手が抜けない。





◆5月26日 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

京都 0−2 横浜FC
(前半0−0)
(後半0−2)

【得点者】レアンドロドミンゲス、イバ(横浜FC)

リンク:試合結果@J's GOAL

以下、三浦知良選手の話(J's GOALより。)
===
[ 三浦 知良 ]
−−自身としては古巣・京都戦でした。
アップのときから、バックスタンドもウチらの応援団も、ホームの応援団もみんな声を掛けてくれたので非常に嬉しかったです。

サンガのコーチには(佐藤)尽もいたし、久しぶりに会いました。スタッフにも(知っている人は)少ないですけど、残っている人もいます。ここに来るといろいろな思い出があって、蘇ってきますね。今日は(松井)大輔とも一緒にプレーしましたし、もっと本当は大輔と一緒に先発をして、もっと良い試合をしていきたいです。

−−松井選手とは西京極で18年ぶりの共演になりました。
いつも大輔とは、18年が経っても、これだけベテランになっても一緒にピッチに立てるので、まだまだ頑張りたいなという話をしています。
===
以上。