NHKニュースによると、「日本大学フェニックス」の選手が重大な反則行為をした問題で、試合を主催した「関東学生アメリカンフットボール連盟」は29日に臨時の理事会を開いて、日大の内田正人前監督と井上奨前コーチを、最も重い「除名」とする処分を決めたとのこと。
DSC_0499
以下、NHKニュースより。
===
今月6日に行われた日大と関西学院大学ファイターズの定期戦で、日大の選手が、無防備な状態だった相手選手に後ろからタックルする重大な反則行為をして全治3週間のけがを負わせました。

試合を主催した関東学生連盟は規律委員会を設置し、「反則行為を指示された」とする日大の選手だけでなく、「意図的に指示はしていない」とする内田前監督などから直接、聞き取りをして事実関係の調査を進めてきました。

関係者によりますと、規律委員会は、日大の内田前監督と井上前コーチを「除名」、反則行為をした選手とチームに対して「公式試合の出場資格の停止」などとする処分案を理事会に提案したとみられ、理事会は内田前監督と井上前コーチを「除名」とする処分を決めました。

規定によりますと、処分は重い順に、「除名」、「資格のはく奪」、「団体活動の一時的または無期限停止」などの8種類です。

「除名」は永久追放に相当する最も重い処分で、理事会での決定のあと、各チームの代表が集まる総会の承認が必要となります。
===
今回の件、とても残念なことですが。
処分の内容は当然のことと思います。

スポーツマンシップに反していて、笛が鳴ってからのタックルは明らかな暴力行為。
生命の危機を脅かしているといっていい。

日大フェニックスは指導陣総入れ替えとなるでしょう。
実力あるチーム。また甲子園に戻ってきてほしい。

DSC_0485
DSC_0492


(画像は昨年12月の全日本大学選手権・甲子園ボウルにて撮影。)