ニッポン放送「笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ」7月1日放送分のゲストに俳優の中村梅雀さん。
tsurube2018.0701


(画像は番組サイトより。)
今月「時代劇専門チャンネル」で放映される主演時代劇『雨の首ふり坂』(7月21日土曜19時30分から)のプロモーション。

松竹京都撮影所で撮影されたようだ。
昔「必殺」に出演された鶴瓶さんとの撮影所でのエピソードトーク。
かつては「必殺」「鬼平犯科帳」など数多くの作品が制作されてきたが、今は激減。
しかし、その中でも若いスタッフが育ってきているという。
ただ教えるだけでは身に付かないので、実践する機会がもっとあればと語っておられました。

映画撮影は、京都の地場産業。
古い名作見るのもいいですが、これからの作品を応援したい。新しい血、考えを入れながら継承していってもらいです。

番組後半は、ベーシスト梅雀さんについて。
ベースは学生時代から嗜まれている。。。レベルでなく、ライブに参加、CDまでリリースされている

その本気と情熱が前面に出たトークぶり、「お仕事」の時代劇のときとは全然違ってました(笑)

番組では梅雀さん自ら作曲しベースを演奏している楽曲も放送されました。

梅雀さんのサイトには、梅雀さんが所有されている楽器とその紹介されています。

以下は、「雨の首ふり坂」劇中歌、 EGO-WRAPPIN'(エゴ・ラッピン)の『老いぼれ犬のセレナーデ 』


EGO-WRAPPIN'、たまらん。

リンク:
笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ@ニッポン放送
中村梅雀公式サイト
ベーシスト、中村梅雀 - NAVER まとめ
雨の首ふり坂|時代劇専門チャンネル
ジャコ・パストリアス - Wikipedia