11日に、吹田で行われたサッカーの強化試合、日本×コスタリカ戦について。
試合は前半16分にはコーナーキックから相手のオウンゴールを誘って全日本が先制。
そして後半21分には元セレッソの南野拓実選手が代表初ゴール。







南野選手のセレッソ時代の伝説については、小田尚史記者がツイートされていますので、引用。







この後、もう一点をあげた全日本が3−0でコスタリカを下しました。
森保体制初勝利。

◆9月11日 パナソニックスタジアム吹田(市立吹田サッカースタジアム)

日本 3−0 コスタリカ

【得点者】オウンゴール、南野拓実、伊東純也




おまけ
吹田にはヴィッセル神戸のルーカス・ポドルスキ選手が。


その両脇にはラグビー界のレジェンドも。

今度は神戸製鋼かジャパン(ラグビー日本代表)の試合に、ポドルスキ選手やイニエスタ選手がきてほしいもんです(微笑)