11月10日土曜日はヤンマースタジアム長居でのJ1リーグ戦、セレッソ大阪×川崎フロンターレ戦へ。
DSC_0806

2018年シーズンもリーグ戦が残り3試合。
カップ戦はルヴァンカップ、天皇杯も早々に敗退し、リーグ戦は主力の不調で連敗。

対する川崎フロンターレはこの試合で勝ったら即、引き分け以下でも「マジック対象」のサンフレッチェの結果如何でJ1優勝(連覇)が決まるという試合に。

全国からフロンターレサポーターが長居に集結。

試合前、スタジアム前の露店「セレッソバル」には、いるか組サポーターの人らで埋まって大賑わい。


エフトーサポの「蝗活」を超える皆さんによるお買い上げ。
毎度ありぃ・・・とセレッソ営業は算盤はじいているか。


ええ。折角遠方から来てらっしゃるのですから、大阪の美味しいもん食べて帰ってもらいたいですから。

スタンドも勢いそのまま。
DSC_0841

DSC_0813

対するセレッソは、ホームチームとして意地を見せてほしいところ。
DSC_0811

メインスタンドには、リーグの偉いさんらも結集している雰囲気。優勝が決まる試合を実感。

メンバーは。
DSC_0842

セレッソは変わらず・・・だったのが、高木俊幸選手が試合前の練習で負傷欠場。替わりに田中亜土夢選手が左サイドハーフで先発。久しぶりな。
フロンターレは小林悠選手が左の眼窩を骨折し、欠場。
元ガンバ阿部浩之選手の1トップで。

試合は予想通り、優勝目前のフロンターレが支配されるも、セレッソは守備の意識を高く集中していました。
DSC_0939
20181110-DSC_0941


前半終了間際にセレッソに攻撃のチャンスがあり、立て続けに得たCKから混戦となり、あわやゴールか?とシーンがありましたが。
20181110-DSC_0105

得点はならず。
前半は0−0で折り返し。
DSC_0127


後半に入っても勢いあるフロンターレの攻撃を粘りの守りで凌いだセレッソが先制に成功します。
後半10分。GK金鎮鉉選手からのスローインを受けた丸橋選手が中央の杉本健勇選手へ。
杉本選手は左サイドの田中亜土夢選手に一旦預けた後、田中選手からの折り返しに対応して、フロンターレのゴールマウスへ。
DSC_0163
DSC_0164

恐らく8月のリーグ戦エスパルス戦(金鳥スタ)以来の得点だったと思います。
DSC_0169

長かった。
20181110-DSC_0188


先制後も、フロンターレに決定機を作られることなく、試合終了を迎えようとした後半44分。
自陣PA内で、GK金鎮鉉選手がフロンターレ選手の足を引っ掛け、PKを献上。
DSC_0303
DSC_0308

フロンターレのキッカーは元セレッソの家長昭博選手。

彼はPKをきっちり決め、土壇場で同点に。
DSC_0315

20181110-DSC_0319

20181110-DSC_0321

このまま引き分けでフロンターレ優勝かと思ったら。
20181110-DSC_0327

ロスタイム4分のほぼラストプレーでドラマが。
20181110-DSC_0324

逆転を狙ったフロンターレのカウンターから逆襲。
最後は山村和也選手に渡ると、山村選手が放ったシュートはフロンターレ選手に当たった後、そのままフロンターレのゴールマウスへ。
DSC_0360
DSC_0365

これまた久しぶりの山村選手のゴールでフロンターレを勝ち点3を挙げ、連敗を止めました。
DSC_0377
DSC_0390

試合後のインタビューは山村選手でした。怪我から復帰後の即結果を出したのが素晴らしい。
DSC_0406


◆11月10日 大阪・ヤンマースタジアム長居(長居陸上競技場)

C大阪 2−1 川崎
(前半0−0)
(後半2−1)

【得点者】杉本健勇、山村和也(C大阪)家長昭博(川崎)

リンク:試合結果@セレッソ大阪公式ファンサイト


フロンターレはこの試合を敗れたものの、マジック対象のサンフレッチェ広島がベガルタ仙台に敗れたため、J1リーグ2連覇を決めました。

山村選手のインタビューの最中に、サンフレッチェ敗戦の報を受けたフロンターレ選手たちは喜びを前面に。
DSC_0408


セレッソ勝利後の行事はインタビューと場内一周だけで終わり、後はフロンターレの表彰式会場に。
DSC_0426
DSC_0429

DSC_0447
DSC_0454
DSC_0462
DSC_0466

表彰式の裏側にあたる私たちの席からは、フロンターレ選手の後ろ姿を見せ付けられました。
DSC_0471


フロンターレのマスコット達は、「この日」の為、金ピカで。
DSC_0493

中村憲剛選手に「僕らより目立ってる」と突っ込まれていたようで。

フロンターレサポーターは「風呂シャーレ」を持参してきていたようで。
DSC_0504
DSC_0508


地域との結びつきの象徴である「風呂シャーレ」を持参してきたのが、素晴らしい。

眼前優勝は悔しいが、それはそれとして、フロンターレのみなさま、連覇おめでとうございます。
セレッソも、いずれはその立場になってほしい。






以下、試合後の尹晶煥監督、山村和也選手の話
(セレッソ大阪公式ファンサイトより。)
===
●尹晶煥監督(セレッソ)
「まず、川崎フロンターレに『リーグ連覇おめでとうございます』という言葉を伝えたいと思います。
今日の試合で自分たちはどういった姿を見せるのか。試合前、そういう話を選手たちに伝えましたが、以前の良かった姿を見せることができたと思います。ミスは多かったのですが、最後まで耐えて、来たチャンスを決め切ることで、この結果を得ることができました。今日良かったと思うことは、良かった時期の姿を少しでも戻すことができたと感じることができたことです。この勝利を次につなげていくことが大事だと思います。
 今日の勝利で、大勢のファン・サポーターの皆さんにも喜んでもらえたと思います。毎試合、大勢のファン・サポーターの皆さんがスタジアムに足を運んでくださっていますが、いつも今日のような勝利で応えないといけないのに、それが多くできずに申し訳なく思います。ただ、これからもっと良くなると信じながら、いつもやっています。(会見場の外では、同時進行で)川崎フロンターレの優勝セレモニーが行われていますが、いつかはセレッソにもこういう日が来るのではないかと思います」
●山村和也選手
「(Q:今季初ゴールが劇的な決勝点になりました。ゴールの瞬間を振り返ると?)
相手に当たったんですけど(苦笑)、決めることができて良かったです。今までも決定機がある中で決め切れなかった試合もありますし、今節は川崎フロンターレの優勝が懸かった試合で、ホームの僕たちが負けるわけにはいかなかったので、勝てて良かったです。
(Q:チームとしても、前半から規律正しく戦い、試合終了まで、最後まであきらめない姿勢も示せたのでは?)
そうですね。前半からチームとしてしっかりと徹底して戦えていたところで、後半に得点のチャンスも来たと思います。こういう姿勢は今後も継続していかないといけないと思いますし、勝つためには絶対に必要なことだと思います」