11月23日金曜日(勤労感謝の日)は、大阪は帝塚山「無学」での笑福亭鶴瓶さんの会「無学の会」へ。
IMG_8864
鶴瓶さんが、師匠の六代目笑福亭松鶴さんの邸宅跡を買い上げ、寄席小屋「無学」を建設。
そこで月例のシークレットゲストの会を開いています。
IMG_8865

会は1999年にスタートし、第1回に春野百合子さんを招いてから19年も続いているのですが、毎回豪華ゲストが呼ばれていることもあり、なかなかチケットが取れなくて、いつも発売直後に完売に。
あの「ムーンライトながら」の指定席予約を取るのより難しいと思っていました。

今回、チケットぴあからのダイレクトメールで「無学の会」の抽選販売が行われることを知り、応募。
抽選発表が開演3日前の20日で、チケット発券が1日前と、解禁と近々のスケジュールなのかと思ったら、
チケットの転売を防ぐ為だそうで。

「まあ、当たれば、めっけもん」と思っていたら「当選」の告知メールが届きました。

チケットは、メールにリンクが書かれたチケットぴあのサイトを開いて、発券場所(ぴあ店舗、セブンイレブン、ファミリーマート)を指定して、表示13桁の発券番号をコンビニ端末に打ち込み仕組みになっていました。
#私はファミリーマートで発券しましたが、番号を打ち込むのではなく、QRコードを読み込むシステムになったら楽になると思いました。

チケットにも書かれていましたが、開場する午後1時半に会場前に着いておいてくれとのこと。
IMG_8866

開場時刻からチケットに記載されている整理番号順に入場を開始する為で、会場周辺は住宅街で、真ん前は狭い道路であることとか、会場内が狭く(もともと松鶴さんのお家の後なので、間口が狭い)入場順に前詰めで、速やかに入場してもらいたい意図があるようです。

会場前では鶴瓶さんのお弟子さんが入場整理に当たっていました。

会場は入ると、バリアフリーで直ぐに客席。
IMG_8867

客席の席は背凭れなしの椅子。
きっちきちに詰められましたが、全部入っても100人も満たずなキャパ。
会の中で、鶴瓶さんが言っていましたが、もともと背凭れ付きの椅子だったようですが、客を会に前のめりにさせる為なようです。背凭れがついてると踏ん反り返るからね(笑)
#きっちきちに詰められるので、会場に大きな荷物は持って来れられないほうがいいと思います。

午後2時定刻に開演。
鶴瓶さんのスタンダップコミック「鶴瓶噺」があって、
続いて、シークレットゲストが登場。

今回は漫才コンビ「尼神インター(あまこういんたー)」の2人がゲストでした。

普段はあまりテレビを見ないので、彼女らのコンビ名と名前は知ってはいるものの、彼女らの漫才を聴いたことはありませんでした。

先ずは対談(三人なので鼎談)から。

二人のエピソードを交えて。

トークの中で、ゲストから「A-Studio」みたいですね、の問いに。
鶴瓶さん曰く「A-Studio」はこの「無学の会」の原型だと。
自ら呼んだゲストのことを知らないのは失礼だから、彼女らの経歴やライブ(の映像)は目を通しているようで。

トークの中で、2人が現在出演しているテレビドラマを映しました。
この日、スタジャンを決めてきた渚さんは、そのテレビドラマでは東京の芸者役でした。
綺麗な芸者姿と関西弁のセリフのギャップがおもろかったです。

そして漫才。
生の漫才を間近で聴くのは久しぶりです。
かなり前の、通天閣の地下にあった松竹芸能の演芸場で聞いて以来です。

15分ほどの漫才が終わって、鶴瓶さんが登場しての立ちトーク。

漫才前でのトークでは大人しめの渚さんが、漫才後でエンジンがかかっているのと、立ちトークということもあり、鶴瓶さんにがんがん絡んでました。それがおもろかったです(笑)

テレビの所謂「ひな壇番組」では、ひな壇タレントの「決め発言」をピックアップして放送しているのので、時間によって演者さんのノリ、テンションの違いがわからんのですが、ライブではそれがもろにようわかる。とくにかぶり付きでみる「無学の会」では。ライブは生もの。

相方の誠子さんは元々ブサイクが売り(?)だったのかはよく解りませんが、生で見る二人は、ともに綺麗やと思いました。
東京を拠点に奮闘している新進気鋭のコンビ、そのオーラを感じました。

ゲストが退いた後は鶴瓶さんの立ちトークで終演。
会は2時間ほど。

狭い中での濃密な会。
弾けるように笑いが飛んでました。

この日は1200人超の応募があったようで(12倍以上の確率だった)。
その中から当選できたのはラッキーでした。
公平に選ばれるようになったのはよいこと。

それと、この会に限らず、鶴瓶さんの会のお客さんは、開場待ちから礼儀正しい人が多く、この日も、入退場もスムーズでした。

また行きたいです。抽選に当たれば(笑)

帝塚山・無学
大阪市住吉区帝塚山西4-12-31
地図


参考リンク:
笑福亭鶴瓶公式サイト「つるべ.net」
尼神インター プロフィール|吉本興業株式会社
尼神インター渚「相葉さんの優しさに救われました」座長・相葉雅紀のアドリブに感激! (1/3) | テレビ・芸能ニュースならザテレビジョン

おまけ
「無学」へは南海本線「粉浜」阪堺電車「東粉浜」が最寄りと案内されてますが、天王寺・阿倍野方面からなら阪堺電車上町線「神ノ木」が最寄りです。徒歩で5分ほど。
IMG_8869IMG_8839

高台にある停留所から見る風景は、なかなかノスタルジックで。
IMG_8873


リンク:阪堺電車