湖国・滋賀に春の訪れを告げる「びわ湖開き」。
毎年、NHK大阪放送局制作の連続テレビ小説(朝ドラ)に出演している俳優さんが遊覧船・ミシガンの一日船長を務めているのだが、今年は『あさが来た』で田村宜役を務めている吉岡里帆(よしおか・りほ)さんがその役目に。
sty1603120009-f1


デイリースポーツによると、京都府出身の彼女が上京する1年前に、一日船長で花束を贈った「大津プリンスホテル」でアルバイトをしていたようだ。
汗と涙の一年だったようだ。

その他NHKで放送されたインタビューでも、独特の雰囲気。

ラジオ番組もったらおもろいんと違うかと思った。


以下、デイリースポーツより。
===
 NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」に出演中の女優・吉岡里帆(23)が12日、滋賀県大津市で行われた春の風物詩「第61回びわ湖開き」に参加し、遊覧船・ミシガンの1日船長を務めた。
 毎年イベント中に船が寄港し、1日船長に花束を贈っている「大津プリンスホテル」は、奇遇にも京都出身の吉岡が、昨春まで上京資金をためるために働いていたアルバイト先だった。1年を経て朝ドラ女優として“凱旋(がいせん)”した吉岡は、ホテルのスタッフらに温かく迎えられ「泣きそうでした。料理長とか、私に厳しく接客をたたき込んでくださった人たちがいて。こういう日が来たのは感慨深いです」と感謝した。
 朝ドラでは、ヒロイン・あさ(波瑠)の娘の親友で、無愛想だが、実業家としてのあさを尊敬しているメガネ娘の田村宜を好演中。
 吉岡は上京した昨年6月までは、京都を中心に小劇場に客演で出演するなどしていたといい「あっぷあっぷになりながら、どうしてもお芝居を続けたくて、必死になってました」と振り返った。
 アルバイトしていた同ホテルではクロークや配膳などの仕事に携わり「接客を徹底的に教えられ、すごい怒られて、いっぱいどつかれました」と笑顔で明かした。夏に琵琶湖で花火大会がある日に、仕事をしながらプールサイドから眺めるのが楽しみだったという。1年で環境は一変したが「仕込まれた、人を楽しませるための気遣い、気配り、おもてなし、この3つは、今でも役者をやるうえで大事なことです」と女優業の礎になっているという。
 高校時代に「好きな人と遊びに来たことがあります」と照れながら明かした遊覧船で1日船長を務め「朝から船に乗って、湖を見てというのは非現実的なぜたくな時間ですね」と、思い出の詰まった湖を満喫していた。
===

リンク:
朝ドラ好演の吉岡里帆、1日船長に/芸能/デイリースポーツ online