G2「産経大阪杯」からG1レースに昇格して、今年で3回目の大阪杯。
かつて春の天皇賞の前哨戦として、人気馬、競合馬が参戦したスーパーG2「産経大阪杯」時代より、ドバイワールドカップと同週開催で注目度がイマイチに見えるのだが。
観衆はG2より多いのはG1だから。

1着はアルアイン。北村友一騎手はG1初勝利。
期待したキセキは2着に終わったが。

注目すべきは、園田競馬の石堂響騎手によるこのレースの実況。

プロ顔負けですわ。
ラジオNIKKEI風の実況は競馬場内で聞いていても違和感なしであったであろうと。



この後に関西テレビの本職アナウンサーの実況も載せておきます。




リンク:レース結果@JRAホームページ