1980年の「中田ダイマル・ラケット」の漫才。
間が完璧。
テンポ早いのに、それを感じさせないのが藝の力か。

読売テレビ「漫才笑学校」より。