京都は南禅寺、天授庵での夜間拝観へ。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_a4d8
天授庵は、臨済宗南禅寺派大本山「南禅寺」の塔頭(たっちゅう)。

室町時代の1339年、光厳天皇の勅許により、虎関師錬が南禅寺開山の無関普門の塔所として建立。
江戸時代の1602年に細川幽斎が再興。
ここは池泉回遊式庭園と枯山水庭園の2つの庭園があって。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_a4ce
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_a4cd
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_a4c6


奥の書院では池泉回遊式庭園が拝めるんですが。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_a4f8
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_a49f
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_a4f7


他人のことはいえませんが、庭を見るより、カメラに収めることでいっぱいだった人が多くて。

紅葉もええんですが、此処は庭が美しいので、紅葉シーズン外した昼間に参拝してもいいかと。


天授庵
京都市左京区南禅寺福地町86-8
拝観料は600円。現金のみ。
地下鉄東西線蹴上駅から徒歩7分。
地図

リンク:
南禅寺 天授庵|【更新中!】秋特集 京都紅葉情報2019|そうだ 京都、行こう。
天授庵(南禅寺塔頭)の紅葉情報 |ウォーカープラスの紅葉名所2019