ラグビーのトップリーグは23日、新型コロナウイルスの影響で7節以降全ての試合を中止を発表。
リーグ戦の順位は無効に。
プレーオフを兼ねていた「ラグビー日本選手権」については出場する4チームを別の方法を検討するという。
畏れていたことが。

神戸が「家族優先」で一部選手たちが帰国していたあたりを見て、「中止」の判断あるかなとは思っていましたが。
連覇が掛かっていたので残念ですが、致し方ない。

ただ「日本選手権」だけやるというのが判らない。NHKはじめスポンサーがあるからだろう。

2018年シーズンに他を圧倒して2冠を達したのを見ると。やわな決め方してほしくない。
DSC_0848

#以上、2018シーズン日本選手権表彰式にて。

因みに2シーズン契約の2シーズン目だったダン・カーター選手は、この「休止」で日本では拝めなくなる。

契約更新すれば別だが。契約更新してほしい。
DSC_0903
DSC_0904
DSC_0905
DSC_0908

#以上4枚は2018シーズンの日本選手権準決勝、花園でのヴェルブリッツ戦にて。


4月のワイルドナイツ戦@熊谷など一部前売りを買っていたチケットがあるので忘れずに払い戻しします。


リンク:
ジャパンラグビートップリーグ2020 大会中止のお知らせ@神戸製鋼コベルコスティーラーズ公式
ジャパンラグビー トップリーグ2020 大会中止のお知らせ(日本協会リリース)@トップリーグ公式