6月9日土曜日は、兵庫県は但馬、出石(いずし)方面にドライブ。
昼は「正覚田中屋」で名物の皿そばを。
DSC_0010
DSC_0011
江戸時代は城下町だった出石。
DSC_0022

DSC_0006

DSC_0017

町並みが保存。電線が地中に埋設されている気合いの入れよう。
DSC_0004
DSC_0008


「正覚田中屋」は名物皿そばの店が多くあるうちの一軒。大正年間創業という。
DSC_0009

以前ここの蕎麦を食べたとき、蕎麦の薫り、喉ごし、汁いずれもよかったんで、再訪。

お店の公式サイトよると、出石の蕎麦の歴史は、江戸時代に始まる。
1706年(宝永3年)に信州上田より、仙石氏が国替え。
その際、蕎麦職人を一緒に連れてきたのが始まりとされる。
この地で白磁の出石焼と出会い、小皿に分けて食す「皿そば」の様式が生まれたという。

正覚田中屋の「皿そば」は5皿供される。900円。
DSC_0011


小皿なんであっちゅう間に一皿ぺろり。
DSC_0013

江戸っ子やないけど、するりと通る喉ごし。
饂飩好きの私が、蕎麦の旨さを知ったお店です。

そして追加注文(笑)
DSC_0014


皿にはそれぞれ違う文句が書いてあって。
DSC_0015
自らへの戒め、戒め。

蕎麦食べるの目的で。出石来るのありですよ。
DSC_0016


正覚田中屋
兵庫県豊岡市出石町本町97
0796-52-2048
10:00-17:00
地図


リンク:
・正覚田中屋
http://www.sarasoba.com/
・正覚 田中屋 - 豊岡市その他/そば [食べログ]
https://tabelog.com/hyogo/A2808/A280801/28005293/
・但馬國出石観光協会公式サイト
https://www.izushi.co.jp/