昨晩、ジュンク堂書店難波店にて購入。
上方落語ノート(桂米朝・著)@岩波現代文庫
1978年(昭和53年)に「青蛙房(せいあぼう)」から刊行された『上方落語ノート』全4集のうちの第1集、第2集が今年3月に岩波現代文庫から文庫化されました。

上方落語中興の祖と云われている桂米朝さんの代表的な著作物。
上方落語をはじめ広く芸能、文化に関する関する論考、考証だけでなく、藝界の聞き書きなども綴られた貴重な記録(ノート)です。

かなり以前に古書で求めたことがありました。
新刊本は現在、2800円もするので手が出ない人が多かろうと思いますが、文庫化され、一冊1000円超程で求めることができ、かつ文庫本になることで、多くの方々に手にされやすくなったと思います。
66EB83D9-28B6-4FC5-B9F3-FBA7ECAC38CB



以下、Amazonにリンクしています。