南海高野線の終点「極楽橋駅」がリニューアルされ、駅構内に美しい天井壁画が埋め尽くしておりました。
036D78C7-D069-4A86-9CA8-13018795A59E_1_105_c

大阪「なんば」と高野山を結ぶ「南海高野線」の終点。電車は此処まで。
C38ABC46-F47A-4366-8326-D3F2D8F620E9_1_105_c
79139866-6522-419D-98AA-109FD5748388_1_105_c

是より先はケーブルカー。その乗り換え駅ですが、今年7月、駅の内装が新しくなりました。

電車駅を「俗世」に見立てて、高野山ゆかりの動植物の壁画が天井を埋め尽くしておりました。
1C6BB41E-CB05-440A-89E6-8C095FA15301_1_105_c

036D78C7-D069-4A86-9CA8-13018795A59E_1_105_c
72BE5B9A-D905-4F06-9A28-9601F60C0815_1_105_c

標示盤も特別仕様。
577938DA-7E24-49A4-A864-B56A23744351_1_105_c


途中ケーブルカー乗り場までの連絡通路。
不動谷川の谷を渡る「橋」の役目を果たしているのですが。
掲げられたフラッグがグラデーションが掛かっていて「俗世」と「聖域」を繋ぐ「橋」を印象付け。
C4FF8DDF-933A-4911-80C6-3EC60A4B81D1_1_105_c

9269DA3B-D9BA-4B24-B72F-1EAE97D4CD24_1_105_c

ケーブルカー乗り場は「聖域」に見立てて、「宝来」という切り絵の天井画が。
BC320B08-19C4-425F-B9ED-772A29AE2B43_1_105_c

鮮やか。
年間の日照が少ない高野山では稲作ができず、藁をもとに注連飾りができない替わりに「宝来」という切り絵を飾っていたという由来に基づいているのだそうで。
469DA281-D4B5-400F-8AEE-8D4497784ED7_1_105_c

宝船や鯛など飾って。まさにあちらへの。

世界遺産となり世界からの観光客、参拝客を迎える為の綺麗な駅になりました。
リニューアル前は何もない乗換駅だったのに。驚きです。

この後はケーブルカーで高野山へ。このケーブルカーもリニューアルされたようで。
#この続きは次へ。

電車駅側の構内ではグッズ販売も。そのグッズのデザインもよろしい。
5D9A28DF-DE4C-4D04-BF94-43B1A4E4C17C_1_105_c

「加太さかな線」しかり、良いコーディネーター、デザイナーが南海にいるんでしょうなあ。

極楽橋駅
和歌山県伊都郡高野町大字西郷
地図

リンク:
2020年7月 極楽橋駅リニューアル。高野山入口の新スポット | 大阪・和歌山のおでかけ情報otent(おてんと)@南海電鉄


追伸
因みに「極楽橋」の由来は、駅の北側にある高野街道「京大坂道(きょうおおさかみち)」の経路上に掛かる朱塗りの橋から。
高野山への登山道はこの京大坂道を含め、3ルートあるようですが、ここがメインルートのようで。
C9C33F85-0459-4004-B0FB-6B9B6DE95727_1_105_c


リンク:世界遺産 高野参詣道 京大坂道(きょうおおさかみち)@南海電鉄