プロ野球スワローズのマクガフ投手が3日のタイガース戦(甲子園)で走者のいない一塁へ牽制球を投じて、二人の走者を還す前代未聞のプレーを起こしました。
image
その場面は7回、スコア3対2とスワローズリードの二死二、三塁の場面。
ここでマクガフ投手はノールックで走者のいない一塁へ牽制球を投じ、ボールはファウルグラウンドを転々。

マクガフ投手の勘違いプレーで二人の走者は生還。
image

開いた口が塞がらないとはこのこと。

今朝の「おはようパーソナリティ道上洋三です@ABCラジオ」では、2回も、このシーンの実況録音が放送されてました。
画がないラジオでは、一体何が起こったか、わからんからですが。
実況の伊藤史隆アナは驚きながらも冷静に状況を伝えていました。

因みにパーソナリティの道上洋三さんは、このシーンのときだけテレビの前の席から離れていて、肝心の珍場面は拝めなかったそうな(笑)

◆9月3日 阪神甲子園球場

タイガース 3−2 スワローズ




(2020.10.17 6:54追記)
例のシーンについて、各局中継を比較した動画がYouTubeに。サンテレビ→Tigers-ai(DAZN)→MBSラジオ→ABCラジオの順。