9月5日土曜日の夜は、ヤンマースタジアム長居でのJ1リーグ戦、セレッソ大阪×浦和レッズ戦へ。
2020J1第14節:C大阪×浦和
雷雨の為。30分遅れでキックオフ。
雷雨の為。30分遅れでキックオフ

私も雷雨を避けてスタジアム入りを遅らせました。

試合前の「RESPECT」宣誓では思いだし笑いをして、その後も笑いを堪えながらコメントを発表する清武選手。
「RESPECT」宣誓

笑いを堪えながらコメント発表する清武弘嗣


レッズは黒で無く白ジャージ。
白ジャージのレッズ


メンバーは。
スタメン
スタメン


3日前のルヴァン杯準々決勝では0−3と大敗を喫したセレッソ。
直前のリーグ戦からは先発3人を変更。柿谷曜一朗選手と都倉賢選手のベテラン2トップ。
木本恭生選手がボランチに入り、レアンドロデサバト選手は3試合連続で欠場。
一方レッズの杉本健勇選手はベンチスタート。

前半はほぼ互角の内容。
15分には清武選手からのパスを受けた都倉選手がシュートを放つも、ゴールはならず。
都倉ゴールならず


30分過ぎには清武選手の直接FKで狙うも、壁に当たりゴールならず。
清武選手の直接FK


先制ゴールを奪うことはできなかったセレッソでしたが、相手にもほぼチャンスを作らせず、前半は0−0で折り返し。
ハーフタイム

ハーフタイム


後半、ロティーナ監督は奥埜博亮選手を投入。2トップの1角に入れると、攻撃が活性。
奥埜博亮


直後に先制弾。
清武選手からのサイドチェンジを受けた坂元達裕選手が左足でクロス。これに都倉賢選手が高い位置でヘディングで合わせてネットを揺らしました。
都倉賢先制弾

都倉賢先制弾

都倉賢先制弾

「サッカー人生を懸けて臨んだ」(後述)都倉選手の気合いの一撃でセレッソが先制。
都倉賢先制弾


先制後、レッズの攻撃を受ける形になるも、CBのマテイヨニッチ選手と瀬古歩夢選手の体を張った守りでゴールを割らせず、味方を反撃を待ちます。
マテイヨニッチ


すると、後半29分に追加点。
藤田直之選手のサイドチェンジを受けた坂元達裕選手が対峙した山中亮輔選手をドリブルで躱すと、深い位置まで進入してクロスを上げます。
坂元達裕クロス

これがレッズのトーマスデン選手(20番)に当たってオウンゴールに。
オウンゴール
オウンゴール

坂元達裕

坂元選手のゴールにしてもいいくらいの素晴らしいクロスでした。
2点差とし、レッズを突き放します。
2点差とし、レッズを突き放す

後半41分には、下部組織から藤尾翔太選手がJ1デビュー。
藤尾翔太J1デビュー
藤尾翔太J1デビュー

登場してから遮二無二ボールを追いかけ、相手ゴールを脅かします。
遮二無二

すると、後半アディショナルタイムに得点機が。
相手GKとDFがボール処理をもたつく間隙を、藤尾選手が突いてボールをかっ攫うと、出したシュートがそのまま無人のレッズのゴールマウスへ。
藤尾翔太J1デビュー即初ゴール
藤尾翔太J1デビュー即初ゴール
藤尾翔太J1デビュー即初ゴール

藤尾翔太J1デビュー即初ゴール

藤尾翔太J1デビュー即初ゴール
藤尾翔太J1デビュー即初ゴール
藤尾翔太J1デビュー即初ゴール
藤尾翔太J1デビュー即初ゴール

鮮烈な「デビュー即初ゴール」でした。
藤尾翔太J1デビュー即初ゴール

試合はこのまま3−0でセレッソが勝利。
試合終了
試合終了


試合後。
試合後
試合後

試合後

鮮烈レビュー弾の藤尾選手。
藤尾翔太キューティクルサラサラヘア


一方、レッズ杉本健勇選手は後半28分から2トップの一角で途中出場。
惜しい場面もありましたが、ゴールはならずでした。
杉本健勇




◆9月5日 大阪・ヤンマースタジアム長居(長居陸上競技場)

C大阪 3−0 浦和
(前半0−0)
(後半3−0)

【得点者】都倉賢、オウンゴール、藤尾翔太(C大阪)

リンク:試合結果@J's GOAL

以下、ロティーナ監督、都倉賢選手、藤尾翔太選手の話(J's GOALより。)
===
●ロティーナ監督
前半はどの時間帯も、われわれが思っていたようなプレーをすることができなくて、浦和が上回っていたと思います。後半に入るにあたり、ハーフタイムに、より自分たちがやるべきアイデアを明確にして、入っていくことができました。ゴールが早く生まれたこともあったのですが、より明確に自分たちがやるべきことを、ボールを持ったときにできるようになったと思います。勝ったことに関しても満足していますし、後半の出来にも満足しています。リーグ戦は続くので、これからも戦い続けていきたいと思います。

−−「やるべきことを明確にして」という言葉もありましたが、前半から、どういったことを変えて後半に臨んだ?
後半は、より賢くプレーすることができました。前半と後半でアイデアが変わったわけではないのですが、前半あったミスから学んで、より賢くプレーできました。早くゴールが生まれたことも、われわれにとって助けになりましたが、よりプレー内容も良かったと思います。

−−都倉 賢選手が今季初ゴール、藤尾 翔太選手がJ1デビューでJ1初ゴールを決めました。2人の評価は?
トク(都倉)のゴールは、彼自身にとっても、チームにとっても、大きなゴールになりました。彼自身にとっては、大きなケガから帰ってきて、復帰する以上にフォームを取り戻すことが難しい中で、このゴールが自信になると思います。よりチームに貢献してくれると思います。(藤尾)翔太のゴールは、喜びという表現が当てはまると思います。1部でデビューして、デビュー戦でゴールを決めることは、とても美しいこと。彼にとって、とても良い思い出になると思います。トップチームでプレーできる実力はあると思っていますし、これからも続けてほしいと思います。

●都倉賢選手
−−スタジアムのインタビューで「サッカー人生を懸けて臨んだ」という言葉もありましたが、あらためて、この試合にどういう気持ちで臨んだのか、教えてください。
ここまでなかなか結果が出せていない中、メンバーにも入れない時期が1カ月くらい続いて、自分と向き合う時間、悔しさ、この時間が続けば続くほど、僕のサッカー人生の寿命を消化してしまう。いろんな思いがあった1カ月でした。周りと比較することなく、自分にベクトルを向けて、常に最高の準備を続けていた自信はあったので、そういった部分で、今回はいきなりのスタメンでしたけど、自分の仕事はできたと思います。ここで結果を出すことができなかったら、またチャンスは巡ってこないのかな、という思いもあった中で、試合に臨みました。結果が出たので、こういった話ができますが、出なかったら、またそういった未来もあったと思います。今日はチームと自分自身のパフォーマンスがかみ合った結果、自分のサッカー人生に望みというか、これからまた成長していける手ごたえもあるので、この1カ月、悔しかった思いを、これからのサッカー人生にぶつけていきたいと思います。

−−ファーサイドで、坂元 達裕選手のクロスをヘディングで合わせたゴールの形については?
あの形に関しては、タツ(坂元)は1対1の勝負だったら、何かしらの仕事をしてくれる。あの角度では、おそらくクロスが来るというのがあって。ハーフタイムでも、僕がいるので「シンプルにセンタリングを上げよう」という話があった中での一発目のプレーだったので、タツも割り切って、自分の得意な左足で上げてくれました。僕自身、タツの特長は分かっていたので、あの瞬間は、ファーサイドにクロスを上げる体の向きで、その特長をあの瞬間に感じ取れたので、良い準備をしながら、自分のストロングを生かすことができました。ヘディングも、自分自身のコンディションが上がっている中で、自分の強さ、滞空時間、体幹の強さ、そのすべてをあのヘディングに凝縮できたかなと思います。

●藤尾翔太選手
−−J1デビュー戦で、J1初ゴールを決めた気持ちは?
ベンチにいたときから、「試合に出たら、絶対に決める」と思っていました。チャンスは転がってくると思っていました。1つのチャンスを決めることができて、良かったです。

−−J1で、ヤンマースタジアム長居のピッチに立つことは1つの大きな目標だったと思うが、ピッチに立った瞬間の気持ちは?
小さいときから夢見ていた、憧れていた舞台でした。そこでデビューできて、デビュー戦という舞台で点も取れたことは自分の中でも大きいですし、これからにもつながると思います。
===
以上。