京都は三条寺町東にあるとんかつ店「名代とんかつ かつくら」の三条本店で三元豚のロースかつを。
「名代とんかつ かつくら」三条本店(京都・三条寺町東入)
久しぶりに「かつくら」へ。
「名代とんかつ かつくら」三条本店(京都・三条寺町東入)


「かつくら」は1994年、京都の三条のこのお店で1号店を開店。その後、全国チェーンになった。

「かつくら」を運営するフクナガの祖業は京都でチェーン展開している「ティーハウス リプトン」。
「かつくら本店」は「リプトン三条本店」の脇の路地を奥へ抜けたところにある。
かつくら本店は「リプトン三条本店」の脇の路地を奥へ抜けたところにある

暖簾を潜って路地の奥へ進むと、
暖簾を潜って路地を奥へ

お店がある。
「かつくら」本店が

同じフクナガの敷地なんだろうが、町家のように奥の土地も有効活用(微笑)

中に入ると、金曜20時回っていたが、コロナ禍ということもあり、空いていました。

ここは三元豚を使っていて、そのロースの180gを注文。
メニュー@名代とんかつ  かつくら 三条本店


あと、ビールも。ここは「プレミアム・モルツ」。
826C4F88-F0ED-4E75-B60D-EE8D1F2AF9C5_1_201_a

金曜日やし。食前酒替わりに。
31C6E23E-386F-4DDA-8D99-9C3B3F075D9C_1_201_a

旨い。

そして胡麻が運ばれた。
胡麻を擦れ

これを擦った後、卓上のソースを入れろという。

ソースは普通のと、濃口があって、濃口のほうが好みでした。

暫くして三元豚ロースの定食が到着。
三元豚ロースの定食


ロースのかつ。柔らかくて、脂が旨かった。
三元豚ロース@名代とんかつ かつくら

衣がふわふわ感が。よく利用する「K○K」ではこの食感はなかったなあ。

千切りキャベツ、お味噌汁、ご飯(十穀米と白飯のどちらかを選択)がお代わり自由だった。
キャベツをお代わりした。
とんかつの相手はキャベツ。ベストコンビ。

お味噌汁は白味噌ベースだったかな。
因みに「かつくら」ではお店によって味噌汁の味と具を変えているらしい。

拘りのとんかつ。旨かった。
連日長時間勤務で疲れていたけど、後で電車に乗ってから、豚肉が効いてきたように感じました。

「パワーフードとんかつ」。
その名店の1号店(本店)が京都は三条通の商店街の路地の中にあるお話でした。
名代とんかつ かつくら 三条本店(京都・三条寺町東入)


名代とんかつ かつくら 三条本店
京都市中京区三条通寺町東入ル石橋町16
075-212-3581
平日日曜:11:00〜21:30 (ラストオーダー21:00)
土曜日:11:00〜22:00(ラストオーダー21:30)
地下鉄東西線京都市役所前駅から徒歩5分、京阪電車三条駅から徒歩7分、阪急京都線京都河原町駅から徒歩8分(食べログ情報)
地図

参考リンク
名代とんかつ かつくら 京都三条
株式会社フクナガ
食べログ
名代とんかつ かつくら 三条本店|本店の旅 - 飲食チェーン店本店と発祥の1号店
ホットペッパーグルメ