10月14日に開催されたJ1リーグ戦、セレッソ大阪×湘南ベルマーレ戦について。
2020J1第22節:C大阪×湘南@ヤンマースタジアム長居(2020年10月14日)

前節から中3日で望んだセレッソは先発3人変更しました。
2020J1第22節:C大阪×湘南@ヤンマースタジアム長居(2020年10月14日)<br>
7

試合前日に「全治3週間」と離脱が発表された松田陸選手に替わり、片山瑛一選手が右サイドバックに、代わりに片山選手が務めていた左サイドバックには丸橋祐介選手が、センターバックの一角には、今季出ずっぱりだった瀬古歩夢選手に替わり、木本恭生選手が。
奥埜博亮選手が2トップの一角。。


試合はスコアが動かぬまま突入した後半のアディショナルタイムに均衡が破れます。
セレッソ丸橋祐介選手の左コーナーキックから、ゴール前で長身のマテイヨニッチ選手がヘディングでベルマーレゴールに押し込みました。
マテイヨニッチ決勝ヘディング
マテイヨニッチ決勝ヘディング


前節瑞穂とは逆のスコアで試合終了。リーグ戦の連敗は2でストップ。
マテイヨニッチ決勝ヘディング


(画像はDAZNの中継ハイライトより。)

◆10月14日 大阪・ヤンマースタジアム長居

C大阪 1−0 湘南
(前半0−0)
(後半1−0)

【得点者】マテイヨニッチ(C大阪)

リンク:試合結果@J's GOAL

試合後のロティーナ監督の話(J's GOALより。)
===
[ ロティーナ監督 ]
思っていたとおり、難しい試合になりました。前半は、ボールを持って、動かすことはできていたのですが、なかなかチャンスを作れませんでした。相手の守備組織がしっかりしており、動かない相手の守備組織の前で、チャンスを作るのが難しかった。プラス、相手のカウンターのリスク管理もしないといけなかったのですが、良い守備はできていました。後半、より前に出て、FWの人数を増やして、より前線に力をかけて点を取りにいきました。最後の最後に、幸運にもマル(丸橋 祐介)から(マテイ)ヨニッチのCKが決まって、難しい試合をモノにすることができました。とても難しい試合だったのは、相手の守備組織が良かったこと。ポジショニングを守って守備をしてくる相手に対して、とても苦しんだのですが、最後の最後に点を取ることができました

−−途中出場で攻撃を活性化させた豊川 雄太選手、西川 潤選手について。また、ここ数試合、坂元 達裕選手に対する相手の警戒も強く、なかなかチャンスメークできていない印象だが?
タツ(坂元)はとても警戒されていて、タツにボールが入ったときの相手のディフェンスのサポートも早く、簡単ではありません。トヨ(豊川)は裏に抜けることができる、奥行きを作ることができる選手で、相手にとってイヤな選手だと思います。(西川)潤も素晴らしい選手です。クオリティーがあるだけではなく、競争力の高い選手です。競争力が高い選手というのは、難しい試合になればなるほど、より自分の力を発揮します。より競争的に、自分の持ち味を出します。そういう意味で、まだ若いですが、とても面白い選手です。彼が一番生きるポジションは奥埜(博亮)がプレーしているポジションなのですが、奥埜も素晴らしいプレーをしているので、なかなかチャンスは少ないですが、今日のようなプレーをしていれば、出番は増えると思います。

−−今日はいつもよりパスミスが多かった印象だが、相手の守備が良かったのか、自分たちの問題だったのか。
まず、湘南が良い守備をしたと思います。組織されたブロックから、インテンシティーの高いプレスを掛けてきました。もうひとつ、ミスが多かったのは、もしかしたら、選手たちがナーバスになっていたのかもしれません。前節、名古屋に終了間際に点を決められて負けて、今日は順位が最下位の相手。勝たないといけないプレッシャーが選手たちにあって、もしかしたらナーバスになっていたのかもしれません。
===