10月24日土曜日は「埼玉スタジアム2002」で行われたJ1リーグ戦、浦和レッズ×セレッソ大阪戦へ。
2020J1第24節:浦和×C大阪@埼玉(2020年10月24日)

2年振りの埼玉スタジアムでの観戦。前回はフロンターレとのスーパーカップ。
埼玉スタジアム2002


入口では検温に消毒と。コロナ禍の今年は、どこのスタジアムでの当たり前の光景に。
入口では検温に消毒


メインのロアー席(1階席)へ。
埼玉スタジアムではこれまでバックのアッパー、ロアー、メインのアッパー、ゴール裏と着座したので、メインのロアーは初めて。
サッカー専用スタジアムの埼スタは、サッカーが見易くて羨ましい。
8A5A7822-A3F7-4AC0-BA89-2762C494D85B_1_105_c
6D49C10F-03CD-4DD1-A996-BDF006CAAD80_1_105_c


ピンクのユニフォームや応援グッズを纏っている人はおらず。
今年はビジター応援が制限されている為。まあ纏ってはいないけど、見に来ている人は少なからず居る訳で。
C6168EB7-33DE-4CC1-ABC7-B328E4354D42_1_105_c
979F906F-148D-47A2-9F61-98D36C300597_1_105_c
C089FD6F-A9B6-4750-841D-67118F69D334_1_105_c
C1C25F2B-CF2E-4B82-B9AA-F69F1042D298_1_105_c


メンバー紹介。
1AAB6BA6-824D-4B2F-83B7-C344C72B0398_1_105_c

セレッソの先発はブルーノメンデス選手から前節に2ゴール挙げた豊川雄太選手が起用。
961B2E6A-872E-43EF-BE1C-84FEDF0F9503_1_105_c

F59D3188-718C-4E02-B75B-124620B44440_1_105_c

一方、レッズの杉本健勇選手はベンチスタート。
F56923F1-E7DB-4F4B-8871-EB8F4C5FED61_1_105_c

さて試合。
264C840F-8D50-4D01-BA3B-FEBB1322A07E_1_105_c


キックオフから暫くは静かな展開が。
1A3CF49E-FEA9-40FC-B2FB-1EA60F005967_1_105_c
E340AE9F-A2A0-4874-A2F1-7D89986FCD89_1_105_c


レッズPA内の槙野選手の、このプレーもノーファウルの判定で試合が続きました。
6A208195-1121-4E4C-AED3-315C054C6557_1_105_c
2A700C13-9E5D-47F4-AF63-3602FBAE4807_1_105_c


飲水休憩後の30分ごろに先制したのはセレッソ。
123C56BB-B5DA-4172-842F-7DC974EDE4A3_1_105_c

レッズのロングフィードを木本恭生選手がヘディングで跳ね返すと、それに豊川雄太選手が反応。
カットインからのシュートがそのままレッズゴールへ。B7A2F7E6-2E82-4BE5-B6B9-28674397E333_1_105_c
豊川雄太先制弾
豊川雄太先制弾
豊川雄太先制弾
豊川雄太先制弾


相手の守備の隙を突いた鮮やかな先制ゴールでした。
豊川雄太先制


32分、レッズにPA内に侵入されずと、汰木康也選手のフェイントに、瀬古歩夢選手が思わず足をさしてしまい、PKを献上(瀬古選手はイエロー)。
EC77EBCC-B4BE-499C-A27A-EEC5E295E896_1_105_c

これを興梠慎三選手に決められ、同点に。
C61D4408-30CE-41F5-88E9-BA83F81FB030_1_105_c

D819D8F2-9A99-4108-A92C-B9693AD0ADF3_1_105_c


さらに前半終了間際の44分には、セレッソのクリアボールを拾ったレッズの山中亮輔選手からのシュートが瀬古選手に当たるとそのままセレッソのゴールマウスへ。
14917318-3D4A-48B1-A907-7ED849734132_1_105_c

非常に不運なかたちで相手に得点を与えてしまいました。
6378F94F-3066-45A0-822F-2E018770FABB_1_105_c

6AA05FA0-43DF-454D-B795-6621A32D3393_1_105_c

591FF909-B22C-4DC5-AEBD-ABCBD3427DAD_1_105_c


後半はセレッソが押していた時間がありましたが、
C84B3675-BC4B-4675-8C1A-408A1164D847_1_105_c
763102C9-6AD6-4A12-883E-3E9DAEA49461_1_105_c
7A50DD47-A9C8-4EB2-B94B-7B11AB06EFE3_1_105_c

4343EDF3-693C-4D2E-8A05-725ACDEB4A88_1_105_c
BF4E1A78-FD53-4E88-8C4C-A1893283D8F7_1_105_c
653933BB-345B-465B-854F-AF5C08CCB25D_1_105_c

79842950-88CA-48BB-A26E-E2315FF5F43A_1_105_c

得点機を逸すると、逆にレッズに3点目を献上。

後半26分。レッズのレオナルド選手のシュート。
DE7C04E5-45A6-4D0F-9303-24883ACCDC82_1_105_c

一度はGK金鎮鉉選手が弾くも、そのこぼれ球をマルティノス選手に押し込まれてしまいました。
F8745AAD-B505-4F47-9BAA-CC05D4981C8B_1_105_c

#あれは抑えてもらわないと・・・。
CE7ED7BD-6196-4666-95EC-1E4131307BD6_1_105_c


試合中に負傷して手当を受けるマテイヨニッチ選手と苦悩のロティーナ監督。
CB8FD45F-3D2C-4D47-8261-F3E69E665A52_1_105_c


その後はセレッソの攻撃が単調となり、そのまま試合終了。
0DAACE81-A91D-49E0-A613-3C67705C2082_1_105_c
B8530A75-52F0-4291-85DA-333B9F8E16DB_1_105_c


今季レッズとの3度目の対戦で初黒星。
25D5774B-89D1-4DD0-8E06-9EA05F0D1EB3_1_105_c

埼玉スタジアムでのセレッソ戦は3年前のリーグ戦以来の黒星となりました。
その間はルヴァンカップ準々決勝、決勝、天皇杯決勝、ゼロックススーパーカップといずれも勝利できてスタジアムで「第二のホーム」とよんでもいいくらい、相性よかったんですが。
個人的には埼玉スタジアムでの観戦初黒星となりました。
ほんと、相性よかったんですが(汗)

◆10月24日 埼玉スタジアム2002

浦和 3−1 C大阪
(前半2−1)
(後半1−0)

【得点者】豊川雄太(C大阪)興梠慎三、山中亮輔、マルティノス(浦和)
観衆:12,863人

リンク:試合結果@J's GOAL


試合後、セレッソベンチへやってきてスタッフと抱擁、談笑する杉本健勇選手。
AFB43E22-59FB-442B-A80D-D72259AB267C_1_105_c
BBD9DD9F-A8AE-4998-80A2-1D58AAEAA73F_1_105_c


レッズのゴール裏席へ挨拶にいった高木俊幸選手。
BB741BE3-7D26-4E6F-B464-4168EE5C9236_1_105_c

E66DAA38-6D5B-4C38-8F7F-6E92525CAA42_1_105_c


以上、夜景が綺麗な埼玉スタジアム2002から、このへんで。
A46E8C4A-9449-4892-B45F-B7E5BCDFCC7F_1_105_c
B4F0A034-D74C-4120-BB6A-03E00D2D2F5E_1_105_c
45E1E020-3F5F-48E1-8131-20393267A6ED_1_105_c


試合後のロティーナ監督の話(J's GOALより。)
===
[ ロティーナ監督 ]
私の印象としては、チームはとても良いプレーをしたと思います。3点目を取られるまでは。前半はゲームを支配して、得点もできて、快適にプレーできました。その中でビルドアップのミスがあり、PKを与えてしまった。ただ、ビルドアップのミスはわれわれは後ろからつなぐチームなので、受け入れるべきだと思っています。2点目は少し不運だったと思います。特に問題のないようなシュートが瀬古(歩夢)に当たり、オウンゴールになってしまいました。後半も同じ意図でプレーして、ゲームを支配しようと試合に臨んで、良いプレーができていたと思いますが、3枚チェンジするタイミングで相手に3点目が入りました。より相手は守備を強くして、前線のクオリティーを生かしたカウンターをしてきて、難しい試合になりました。3失点目以降はわれわれの組織が崩れた状態になりましたが、試合全体を通じてチームの出来には満足しています。少し運や流れがこちらに向かなかったのかなと思います。

−−「3枚を交代させるタイミングで3点目が入ってしまった」という話もあったが、先発の2トップは良いプレーをしたと思うが、交代後に攻撃が単調になったように見えたが?
2トップは良いプレーをしたと思います。途中に入った選手にしても、悪いというよりも相手がより組織を固めていたので、難しい状況だったと思います。われわれも3点目を決められてから組織が崩れていたので、中に入った選手にとっては、難しい状況だったと思います。ただ、ゲームプランやプレー内容には関しては満足していますし、今日に関しては相手に流れや運が行ったのかなと思います。そういうことはサッカーでは起こり得ることなので、受け入れていきたいと思います。
===
以上。