上方歌舞伎の坂田藤十郎さんが亡くなりました。
15日の「京都新聞」が一面と社会面で大きく掲載していました。
8FC6C4A4-358F-4686-B6CD-01A15E881DBE_1_105_c

立役、女形どちらも演じられてこられましたが、なんといっても「曽根崎心中」のお初でしょうか。
戦後復活初演したときの写真が社会面に。当時21歳。めちゃエロス。
A5D57C27-0864-4800-9A19-C9ABC2B3A64A_1_105_c


私が初めて歌舞伎を鑑賞したのは1998年の2月東京・歌舞伎座での片岡孝夫改め十五代目片岡仁左衛門さんの襲名披露。
その口上で、当時鴈治郎さんで登場した藤十郎さんが「上方歌舞伎」のことに触れられてました。
「東西揃ってこその歌舞伎」と。

「上方歌舞伎」のことを初めて知りました。

以来関西で歌舞伎を見ることがほとんどだったのですが、一番よく拝見した役者さんです。

語り尽くせないので、また改めて。

ご冥福をお祈り致します。