大阪は船場にある真宗大谷派の寺院「南御堂」です。
IMG_6772
正式名称は「真宗大谷派難波別院」。
IMG_6773


大阪のメインストリート「御堂筋」の名前の由来は、この南御堂と、中央大通挟んで北にある「北御堂(本願寺派津村別院)」それぞれの山門前を通ることから。

特筆なのは、ここの山門。
大きなビルと一体型となっていて、ホテルやスタバが併設されていること。
IMG_6766

山門。
IMG_6767

IMG_6768


建て替える前も山門一体型ビルで、そのビルに入っていた御堂会館は
コンサートもできる大きなホールでした。
IMG_6769

今は、ビルの3、4階に会議室を複数を備えた会館に縮小されましたが。
IMG_6771


ビルの5階以上を占めるホテル「大阪エクセルホテル東急」には、大阪を一望できる特別な客室が設けられているようで。
一遍泊まってみたいものです。
IMG_6766


ごつい山門をくぐると、本堂が。
IMG_6770

IMG_6772


本堂は戦争で焼失した後の昭和36年に再建されたもので、現在改修中の為、中に入ることはできませんでした。
IMG_6776


(1月2日に撮影。)

南御堂(真宗大谷派難波別院)
大阪市中央区久太郎町4-1-11
地図


リンク:
南御堂・真宗大谷派難波別院(公式サイト)
真宗大谷派難波別院 - Wikipedia
大阪エクセルホテル東急(公式サイト)
御堂筋の南御堂 : レトロな建物を訪ねて
お寺の門がホテルになった、南御堂(大阪府 本町駅)の宿坊@宿坊研究会