2019年4月に発生した、東京池袋での乗用車の暴走死亡事故。
2月1日に5回目の裁判が開かれ、事故車の記録装置の鑑定を行った警視庁の捜査員が出廷。
「暴走を引き起こすような不具合はなかった」と証言しました。

裁判では捜査員が、ブレーキやアクセルを踏んだ秒数やエンジンの状況など、事故車両の記録装置の解析結果などを詳細に説明。

電子回路の劣化など不具合はなく、アクセルペダルが全開であった跡が残っていたようです。

アクセルペダルの根元は拭かれない位置にあり、埃が溜まっているのですが。
事故車のアクセルペダルには下図の通り、埃を拭ったような跡「払拭痕」があったという。
ペダル操作を誤ったときに見られるもので、捜査員はブレーキとアクセルを踏み間違えたのではないかと証言したそうです。
払拭痕


また事故車は、電気制御が壊れても、油圧によりブレーキを踏み込めば止まる「油圧ブレーキ」が前輪に搭載されていて、ブレーキが作動するようになっていたと説明したそうです。

なお、次回3月の裁判では、事故車のメーカーが証言に立つそうです。

(上図は、テレビ東京NEWSより。)



リンク:
【池袋事故裁判】事故車両の記録装置解析 ペダルの根元に「払拭痕」【テレ東NEWS】|テレビ東京ビジネスオンデマンド【BOD】
【プリウスユーザー必読】プリウスを緊急停止させるには #PRIUS #TOYOTA : MASARUのブログ(過去記事)

以下、amazon にリンクしています。